ロッキード事件
▼人気記事ランキング
9.他国における「ロッキード事件」
オランダでは、空軍における戦闘機F-104を売り込んでいていた)の採用をめぐって、女王ユリアナ王配ベルンハルトにロッキード社から多額の資金が流れ込んでいたことが明らかになった。これは日本での汚職事件と相まって対外不正行為防止法を制定させるきっかけとなった。

イタリアではC-130の採用を巡り、ジョヴァンニ・レオーネ大統領首相在職中にロッキード社から賄賂を受けていた疑惑が明るみに出て、レオーネ大統領は任期を半年残して辞任に追い込まれた。

[4]前ページ
(8.流行語)
[6]次ページ
(10.検察)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/26 03:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/14 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位12月13日
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant