ロシアにおけるイスラーム
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ロシア国内に居住するムスリム人口は、総人口の15-20%(アメリカ合衆国国務省推計)から、約6%(世論調査機関VTsIOMの2006年調査)と推計される。ムスリムの人口増加率は、ロシア人のものよりも高いため、21世紀半ばには、ロシアの人口の3分の1がムスリムになるという推計も存在する。
現在のロシアにおけるムスリム人口の大半は、北カフカースアディゲ人バルカル人ノガイ人チェチェン人チェルケス人イングーシ人、カバルダ人、カラチャイ人ダゲスタンの諸民族や、ヴォルガ川中流域のタタール人バシキール人で占められる。
ロシアにおけるムスリムの大半はスンナ派に属し、シーア派に属するアゼリー人や、スーフィズムの影響が強いチェチェン人のような存在は例外的である。
目次
1.歴史
2.近年の動向
3.脚注
4.関連項目
出典:Wikipedia
2017/10/04 18:02
ソ人気記事ランキング
2019/12/14 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位12月13日
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant