ロンドン
▼人気記事ランキング
9.文化
9.5.音楽
ロンドンはクラシック音楽ポピュラー音楽の中心で世界的な大手であるEMIなどのレコード会社や無数のバンド、ミュージシャン、音楽産業のプロが居る。ロンドンには多くのオーケストラやコンサートホールがあり、バービカン・センターロンドン交響楽団の拠点)、カドガンホール(ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団)、ロイヤル・アルバート・ホールBBCプロムス)は良く知られている[244]。ロンドンにはロイヤル・オペラ・ハウスとコロシアム劇場の二つのオペラハウスがある[244]。ロイヤル・アルバート・ホールではイギリスで最大のパイプオルガンを見つけることができる。他に重要な楽器は大聖堂や大きな教会で見つけることができる。王立音楽アカデミー王立音楽大学ギルドホール音楽演劇学校、トリニティ音楽カレッジなどの音楽学校も立地する。

ロンドンにはロックやポップ音楽のコンサート会場が多くあり大規模ものではアールズ・コート・エキシビション・センターウェンブリー・アリーナO2アリーナがあり、中規模な会場も同様に多くありブリクストン・アカデミーハマースミス・アポロシェパーズ・ブッシュ・エンパイアなどがある。[244]いくつかの音楽祭も開催され、その中にはワイヤレス・フェスティバルはロンドンで行われている。ロンドンには最初のオリジナルのハードロックカフェビートルズがレコーディングし多くのヒット曲を出したアビー・ロード・スタジオがある。1960年代から1980年代にかけてミュージシャンやグループにはエルトン・ジョンデヴィッド・ボウイクイーンエルヴィス・コステロキャット・スティーヴンスイアン・デューリーキンクスローリング・ストーンズザ・フーエレクトリック・ライト・オーケストラマッドネスザ・ジャムスモール・フェイセスレッド・ツェッペリンアイアン・メイデンフリートウッド・マックポリスザ・キュアースクィーズシャーデーなどでこれらは世界的な流れとなり、ロンドンの通りや振動するリズムからサウンドを得ている[252]

ロンドンではパンク・ロックの発展の助けになり[253]セックス・ピストルズザ・クラッシュ[252]ヴィヴィアン・ウエストウッドはロンドンを拠点として、1980年代以降のバナナラマワム!、エスケープクラブ、ブッシュイースト17スージー・アンド・ザ・バンシーズスパイス・ガールズジャミロクワイザ・リバティーンズベイビーシャンブルズブロック・パーティエイミー・ワインハウスアデルコールドプレイジョージ・マイケルが含まれる[254]

ロンドンはまたアーバンミュージックの中心である。特にUKガラージドラムンベースダブステップグライムなどで、海外のヒップ・ホップレゲエ、ローカルなドラム・バスなどである。BBC 1Xtraはブラックミュージックの放送局でイギリスでのアバーンミュージックの発展をサポートしている。

[4]前ページ
(9.4.博物館・美術館)
[6]次ページ
(10.スポーツ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/24 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/03/22 更新
 1位日本
 2位土浦連続殺傷事件
 3位3月21日
 4位菊地秀行
 5位内田裕也
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant