ロンドン
▼人気記事ランキング
8.教育
8.1.高等教育
ロンドンは高等教育や研究機関の中心で43の大学が集中するヨーロッパ最大の高等教育の一大中心地である[20]。2008-2009年には高等教育を受ける学生数は41万2,000人でこの数はイギリス全体の17%を占め、内訳は学士レベル28万7,000人、大学院レベル11万8,000人である[235]。2008-2009年にロンドンで学んだ留学生は9万7,150人に上りこれはイギリス全体の25%を占める[235]

多くの世界をリードする教育機関がロンドンを拠点にしている。2011年のQS World University Rankings (enでは世界でインペリアル・カレッジ・ロンドンは6位、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンは7位、キングス・カレッジ・ロンドンは27位に付けている[236]ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスは教育と調査で世界をリードする社会科学機関と見なされている[237]ロンドン・ビジネス・スクールは世界で一流のビジネススクールの一つとして考えられ、2010年にMBAの教育課程でフィナンシャル・タイムズから世界最高の評価を得ている[238]

ロンドン大学で学ぶ学生は12万5,000人おり、これは通信過程以外の大学ではヨーロッパ最大である[239]。ロンドン大学は単独の大学として存在するものではなく、カレッジ制でそれぞれ別の大学となっており4つの大きな大学であるキングス・カレッジ・ロンドンクイーン・メアリー・カレッジロイヤル・ホロウェイユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンと多くのより専門的な機関であるバークベック・カレッジコートールド・ギャラリーゴールドスミス・カレッジギルドホール音楽演劇学校インスティチュート・オブ・エデュケーションロンドン・ビジネス・スクール、ロンドン衛生・熱帯医療校、王立音楽アカデミーセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマ、王立獣医校、東洋アフリカ研究学院が含まれる[240]。ロンドン大学を構成するカレッジにはそれぞれ独自の入学試験制度があり、そのいくつかは独自の学位を授与している。

ロンドン大学以外にも多くの大学がロンドンにはあり、 ブルネル大学、シティ大学ロンドンインペリアル・カレッジ・ロンドンキングストン大学ロンドン・メトロポリタン大学(学生数3万4,000人でロンドン最大の単科大学)[241]、ロンドンサウスバンク大学、ミドルセックス大学ロンドン芸術大学[242]イースト・ロンドン大学ウェスト・ロンドン大学ウエストミンスター大学がある。これに加えてセビリア大学Regent's College、リッチモンド大学など海外の大学がロンドンにある。

ロンドンには5つの有名な医学部がある。クイーン・メリーカレッジに付属するバーツ医科歯科ロンドン校、欧州最大の医学部であるキングスカレッジ医科ロンドン校、インペリアルカレッジ医学部、UCLメディカルスクールで、他にも多くの医療や病院に関連した教育機関がある。また、生物医学研究に関連したイギリスに5つある研究機関のうち3つがロンドンにある[243]。多くのビジネススクールもまたロンドンにはある。

[4]前ページ
(7.8.港湾・水上交通)
[6]次ページ
(8.2.公立学校・その他)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/08/18 15:30
ソ人気記事ランキング
2018/08/21 更新
 1位石塚運昇
 2位君の膵臓をたべたい
 3位銀魂の登場人物一覧
 4位ノモンハン事件
 5位日本航空123便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant