サービス終了のお知らせ
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス
▼人気記事ランキング
4.評価
4.2.新聞社による評価
イギリスでは新聞各紙が独自の視点に基づいた大学ランキング(総合ランキングは下記の表を参照)を発表している。 Sunday Times紙は1997年から2007年までの10年間の総合ランキングでLSEを第3位にしている[17]。 またGuardian紙は2003年度版の大学案内で「世界中のどの大学よりも今日の国際政治に与えた影響が大きい」とLSEを紹介している。

詳細なデータが公開されているIndependent紙[18]の2016年度版のランキングを見てみると、 以下のようなLSEの特徴が読み取れる。

学生の満足度は平均的 (79%の満足度)
研究レベルは文系1位(全体ではインペリアル・カレッジ・ロンドンに次ぐ2位)
学部課程への入学難易度は文系でケンブリッジ大学オックスフォード大学に次ぐ3位
志願倍率は約15倍 (1299人の募集に対し19039人の応募)[19]で最も高い
教員一人あたりの学生数は約13人と上位10位程度
卒業後の進路が最も良い (卒業生の平均初任給約£28,000、就職率約83%はともにトップ [20])
[4]前ページ
(4.1.Research Assessment Exercise (RAE))
[6]次ページ
(4.3.QS World University Rankings)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/13 05:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/16 更新
 1位日本
 2位槇原敬之
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant