ロードレース世界選手権
▼人気記事ランキング
6.日本人の活躍
6.3.ポールポジション獲得回数
29:坂田和人(125cc)
21:原田哲也(250cc ×20、500cc ×1)
19:上田昇(125cc)
17:宇井陽一(125cc)
11:加藤大治郎(250cc ×10、MotoGP ×1)
8:青山博一(250cc)
7:岡田忠之(500cc)
6:青木治親(125cc)
5:中野真矢(250cc)、徳留真紀(125cc)
4:中上貴晶(Moto2)
3:玉田誠(MotoGP)、宇川徹(250cc ×2、500cc ×1)、東雅雄(125cc)、金谷秀夫(350cc)、平忠彦(500cc)
2:富沢祥也(Moto2)
1:青木宣篤(250cc)、本間利彦(250cc)、伊藤真一(500cc)、清原明彦(250cc)、青山周平(250cc)、仲城英幸(125cc)、根本健(250cc)、清水雅広(250cc)、高井幾次郎(250cc)、辻村猛(125cc)、和田欣也(125cc)、佐々木歩夢(Moto3)、長島哲太(Moto2)、鈴木竜生(Moto3)
2019年サンマリノGP終了時

[4]前ページ
(6.2.表彰台(3位以内)獲得回数)
[6]次ページ
(6.4.年間ランキング)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/08 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/25 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位唐田えりか
 4位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant