ロードレース世界選手権
▼人気記事ランキング
5.過去に存在したクラス
5.3.250ccクラス
2009年までの61年間にわたり開催された、選手権で2番目に長い歴史を持つクラス。250cc以下のレース専用車両で競われた。最終的なレギュレーションでは最低重量は100kg。エンジンは2ストローク4ストロークのどちらでも選べたが、末期は全てのチームが軽量・ハイパワーである2ストロークを採用していた。シリンダー数は2気筒以下。

市販レース車両(レース専用車)では、ホンダ・レーシング(HRC)からRS250RヤマハからTZ250等が販売され、プライベーターの参加が可能なカテゴリーであった。4ストローククラス移行の関係で、市販レース車両の開発は、一旦2003年をもってストップしたが、2007年型TZ250でごく僅かな改良が施された(一部パーツに変更有)。最終年度の参戦メーカーはアプリリアホンダジレラヤマハの4社だった。

日本人では原田哲也1993年)、加藤大治郎2001年)、青山博一2009年)の3人がタイトルを獲得している。1990年代前半は岡田忠之、原田哲也、青木宣篤ら日本人トリオが活躍した。

[4]前ページ
(5.2.350ccクラス)
[6]次ページ
(5.4.125ccクラス)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/08 12:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant