ロードレース世界選手権
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ロードレース世界選手権(ロードレースせかいせんしゅけん)は、オートバイによるモータースポーツ国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が統括し、1949年に始まった二輪ロードレースの最高峰カテゴリーである。現在はドルナ社(DORNA)が各種権利等を管理している。
かつての正式名称は『FIM Road Racing World Championship Grand Prix[2]』で、2016年シーズンより「Road Racing」の表記が外され、『FIM Grand Prix World Championship』という正式名称を用いている[1]。シリーズの略称は2001年まではWGP(World Grand Prixの略)や、日本では世界GP世界グランプリなどが一般的だったが、2002年に最高峰の500ccクラスがMotoGPクラスに改編されたのを機に、現在はシリーズ全体の略称にもMotoGP(モトジーピー)が使われる場合が多い。
現在は、レース専用に開発された二輪車を用い、レース専用に建設された世界各地のサーキットを転戦し、ライダーとマシンの速さを競うという内容になっている。かつては公道用市販車を改造したマシンも出場しており、公道を封鎖したコースも数多く使用されていた。
選手権はエンジンの排気量別に3つのクラスに分かれており、2019年現在、MotoGPクラスは4ストローク1000cc(2012年〜)、Moto2クラスはトライアンフワンメイクの3気筒4ストローク765cc(2019年〜)、Moto3クラスは単気筒4ストロークの250cc(2012年〜)となっている[3]
歴代チャンピオンに関してはロードレース世界チャンピオンの一覧を参照のこと。
目次
1.選手権の概要
├1.1.基本
└1.2.競技方法
2.MotoGPクラス
└2.1.レギュレーションの変遷
3.Moto2クラス
4.Moto3クラス
5.過去に存在したクラス
├5.1.500ccクラス
├5.2.350ccクラス
├5.3.250ccクラス
├5.4.125ccクラス
├5.5.50ccクラス
├5.6.80ccクラス
└5.7.サイドカークラス
6.日本人の活躍
├6.1.優勝回数
├6.2.表彰台(3位以内)獲得回数
├6.3.ポールポジション獲得回数
├6.4.年間ランキング
├6.5.日本におけるテレビ中継
└6.6.日本における公式映像
7.脚注
├7.1.注釈
└7.2.出典
8.参考文献
9.関連項目
10.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/10/19 00:00
ソ人気記事ランキング
2019/12/14 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位12月13日
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant