レズビアン
▼人気記事ランキング
4.レズビアンによるフェミニズム(女性の権利拡張運動)
※この項全般で記すフェミニズムとは、日本語においての語彙である「男性の女性びいき」とは異なり、同性愛を含めた女性の権利一般またはそれに関する運動のことを指す。詳細は該当項目を参照のこと。

19世紀後半、多くのレズビアンがその権利(フェミニズム)のために立ち上がった。「ボストンマリッジ(女性同士で築く家庭)」という語がその権利を主張する運動の上で、女性同士の家庭生活を示す言葉として多用された。1970年代1980年代前半の第二次の運動では、北米西欧でも新たに多くの賛同を得た。1970年代の終わりごろまでには、学術的な分野の一部ではあるがフェミニズム(ことに女性同性愛者の権利)として認められるようになった。昨今では不満の表現として、この1970年代の同性愛者の権利解放運動が挙げられている。

レズビアンのフェミニズムに関する指導書においては、男性優位社会資本主義社会、植民地主義社会などが、性別の認識と実際の性別が入り混じることに与える影響が考察され、時としてこれらの社会制度がレズビアンの疎外や不満点のもっともたるものであると記述している。

また、エイドリアン・リッシュは自らのエッセイ「強制的異性愛とレズビアンのあり方」 (Compulsory Heterosexuality and Lesbian Existence) の中で、「“色欲的で金銭的で感情的な”女性との接し方」として異性愛を揶揄している。

他の主立った思想家活動家としてはリタ・メイ・ブラウン(Rita Mae Brown)、Audre Lorde、Marilyn Frye、Mary Daly、Sheila Jeffreysが挙げられる。

[4]前ページ
(3.2.アメリカにおける歴史)
[6]次ページ
(5.性の認識)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/13 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/23 更新
 1位日本
 2位東出昌大
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位宍戸錠
 5位清美川梅之
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant