レズビアン
▼人気記事ランキング
7.文化
人類の長い歴史の中では、当然なことながら多数のレズビアンが、芸術文化の上で活躍してきた。

ヨーロッパでの性科学の影響が出始める20世紀より前にも男性間の同性愛は禁止されていた。また一方で、Karl Heinrich Ulrichs、リヒャルト・フォン・クラフト=エビングハヴロック・エリス、Edward Carpenter、マグヌス・ヒルシュフェルト性科学者の概念によって、女性同性愛は広く知られるようになった。

ジークムント・フロイトは、著書「性道徳に関する3つの論文, Three Essays on the Theory of Sexuality (1905年)」の中で、性愛の対象を倒錯した(女性が女性として女性を愛する)同性愛者(現在の定義では同性愛は性的倒錯には含まれないが)と共に、男性の特徴を女性が持つことによる(女性が男性として女性を愛する)同性愛について触れている。この「第三の性」については、後にマグヌス・ヒルシュフェルトらによって広められることとなる。フロイトは自らこうした“特殊な”患者を多く診てきたわけではないことを自認していたため、医学的、生物学的見地よりも心理学的な考察に重点を置いた。これらのフロイトの論文が英語圏に知れ渡ったのは1920年代になってからである。当時フロイトの見解は精神医学者らによって否定されていたが、昨今の生物学的研究では、ヒルシュフェルドによる、「第三の性」が同性愛の魅力への解釈との説を裏付ける報告がなされている。

これら性科学と心理学の融合は、多くのレズビアンに関する文化や作品への基調となった。著名な例では、古典的な表現に習うことをやめ、同性愛者の言葉で性を綴った1928年のラドクリフ・ホールの小説「寂しさの泉, The Well of Loneliness」がある。

1980年代以降、レズビアンは音楽界(Melissa Etheridge、k.d.ラング、レディ・ガガ、ジャニス・イアン、Indigo Girlsなど)、女優(ジョディ・フォスター、ポーシャ・デ・ロッシなど)、スポーツ界(マルチナ・ナブラチロワビリー・ジーン・キング)などでカミング・アウトする同性愛者が増えている。著名な女性小説家もレズビアンに関する文章を発表している。また、ビビアンの旅立ちGo Fish恋するアナベルウォーターメロン・ウーマンOranges Are Not The Only FruitEverything Relativeホット・チョコレートなどのレズビアンやバイセクシュアルトランスジェンダーを扱った映画作品も増えている。Jane Rule、Vin Packer、Ann Aldrich、Ann Bannonらの小説も増刷されている。小説家カミール・パーリアらもレズビアンに共感している。

[4]前ページ
(6.1.生殖と親権)
[6]次ページ
(7.1.メディアにおける描写)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/13 15:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/20 更新
 1位日本
 2位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 3位新潟少女監禁事件
 4位賭博黙示録カイジ
 5位軽井沢スキーバス転落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant