サービス終了のお知らせ
レゲエ
▼人気記事ランキング
4.世界各国への拡散と受容
4.2.中近東
1985年、イスラエルテルアビブに「ソウェト (Soweto)」というクラブがオープンすると、ジャマイカ系イギリス人のサウンドマン、ラス・マイケル[注釈 30]が招聘され、人気を博した[117]。マイケルの影響でアミル (Amir)、チュル (Chulu)、シルヴァー・ドン(Silver Don) といったレゲエミュージシャンと幾つかのサウンドシステムが活動を開始した[117]。ソウェトは1997年に閉店したが[117]、2000年代もバンドのハティクヴァ6 (en) などが活動している。ユダヤ系アメリカ人レゲエ歌手のマティスヤフもしばしばヘブライ語で歌唱している。

レバノンではベイルートやジュニエを中心に1990年代にアフリカからの出稼ぎ労働者によってレゲエが紹介され、1996年にはルーディ (Rudy) が同国初のレゲエミュージシャンとして活動を開始した[118]。2000年代以降はジャミット・ザ・バンド (Jammit The Band) や、ラスタ・ベイルート (Rasta Beirut) が人気である[118]

[4]前ページ
(4.1.ヨーロッパ)
[6]次ページ
(4.3.カリブ海・中米)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/26 23:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant