レ・ミゼラブル 少女コゼット
▼人気記事ランキング
2.ストーリー
2.2.パリ編(第16 - 32話)
パリに到着してから、ジャンはダンベールと名乗りコゼットとゴルボー屋敷で暮らすようになるが、ジャヴェールに見つかったために屋敷を離れる。ジャンとコゼットはジャンが市長時代に助けた老人・フォーシュルヴァンの協力でプチ・ピクピュス修道院で暮らすことになる。ジャンはフォーシュルヴァンの弟・ユルティーム・フォーシュルヴァンとして住み込みで庭師の仕事をし、コゼットはユルティームの娘、コゼット・フォーシュルヴァンとして寄宿学校に通う。そこでコゼットは教養と女性らしさ、人を愛する機会を得て、読書が大好きな少女に成長する。
1830年 - 1831年(20 - 32話)
秋頃フォーシュルヴァンが亡くなったのをきっかけにコゼットはジャンに連れられ修道院を出る。その頃、ジャヴェールはパリに栄転し、暗躍する犯罪者集団「パトロン=ミネット」と対峙し、反政府運動の取り締まりに努めていた。モンフェルメイユから夜逃げしたテナルディエ一家もパリに来ており、ゴルボー屋敷に住むようになった。一家の隣には、父親のことで祖父ジルノルマンと対立して家出した法学生・マリウスが移り住み、エポニーヌは彼に恋をするようになる。一方でマリウスは同級生のクールフェラックの影響でアンジョルラス率いる結社「ABC(アベセー)の友」に参加。革命を起こそうと真剣に考えるようになる。同じ頃、鍛冶屋に奉公に出されていたガヴローシュもまた、テナルディエ一家とは別にバリに移る。
修道院を出たコゼットは、ウエスト通りのアパルトメンにジャン、女中のトゥーサンの3人で暮らし始める。ジャンは警察から身を隠しながらも毎日コゼットを連れてパリの貧しい子供たちにパンを配り、子ども達のために学校を建てる計画を立てていた。
秋、コゼットはジャンと供にリュクサンブール公園を散歩中に出会ったマリウスを気にするようになり、彼もコゼットに一目ぼれする。マリウスは一度はコゼットの家を突き止めるが、ジャンは彼をジャヴェールの協力者と勘違いしたためプリュメ通りの屋敷に引っ越す。
その後、ジャンとコゼットが慈善活動としてテナルディエの家を訪れた際、テナルディエは彼らの正体に気付く。そこでテナルディエは計画を練り、パトロン=ミネットと組んで、復讐と金儲けのために再びジャンを呼び出し監禁する。だが、そのことに気付いたマリウスがジャヴェールに届け出をしたことでテナルディエ一家とパトロン=ミネットのほとんどは逮捕された。その後、マリウスは引越し、逮捕を免れたエポニーヌは一人で過ごすようになる。
[4]前ページ
(2.1.モンフェルメイユ編[注 1])
[6]次ページ
(2.3.パリ編(第33 - 52話))
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/07 23:01
ソ人気記事ランキング
2019/11/20 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位小川博
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant