ルワンダ虐殺
▼人気記事ランキング
2.発生までの歴史的背景
2.2.土地・食料・経済状況などの諸問題
1960年代から1980年代初頭にかけて、ルワンダは持続的な成長を遂げ続けたアフリカの優等国であった。しかしながら、1980年代後半には主要貿易品目であったコーヒーの著しい値崩れなどを受け経済状況は大きく悪化し、さらに1990年に行われた国際通貨基金の構造調整プログラム(ESAF)により社会政策の衰退、公共料金の値上げを招き[40]、状況の一層の悪化を導いた。その結果、失業率の悪化や社会格差による貧困などの諸問題が噴出し、特に若者を中心として不満を募らせるようになった[41]

またルワンダは国土の比較的狭い国であるが、「千の丘の国」と呼ばれる平均標高の高い土地のために温暖な気候に属しており、人の居住に適し、土地が肥沃で自然環境も豊かなことで知られていた。しかし1948年に180万人であった人口が1992年には四倍を超える750万人にまで増加し、アフリカで最も人口密度の高い国となり、農地などの土地不足の問題が発生するようになった。加えて人口の増加により食料不足の問題が生じ、国民の6人に1人が飢えに苦しむ状況となった[42]。国民の多くは数ヘクタールにも満たない狭い農地で生産性の低い農業に頼った自給自足の生活をしており、市場に売却する余剰食料を充分に生産できなかった(先進国では数%の農業従事者が他の国民のための食料を生産している)。そのため日頃から生活の糧となる土地をめぐって争いが頻発していた[43]

[4]前ページ
(2.1.ツチとフツの確立と対立)
[6]次ページ
(2.3.ルワンダ紛争)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/26 13:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/18 更新
 1位日本
 2位令和元年台風第19号
 3位10月17日
 4位ブルガリア難民射殺事件
 5位ジョンベネ殺害事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant