ルマン (企業)
▼人気記事ランキング
2.レース参戦実績
2.6.全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権
全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権には、株式会社ユーピー(パナスポーツブランド)をスポンサーとして、1984年に自製のLM04Cで参戦を開始した。1985年シーズン途中にLM05Cに車両を変更し、WEC-JAPANでは2位入賞を果たした。1986年シーズンには日産からV6のVG30エンジンが供給されるが、LMシャシーではパワーを受け止めることができず、マーチ製の86Gにマシンを変更した。LMシャシーにはトヨタエンジンが供給され、日産、トヨタエンジンでの2カーエントリーとなる。2台体制は翌87年も続き、WEC-JAPANでは和田孝夫に手によりポールポジションを獲得した。日産のCカーによる参戦は1991年まで続いた。1993年の鈴鹿1000kmではニスモとジョイントで日産・R92CPで優勝を果たした。

参戦歴[編集]


[4]前ページ
(2.5.富士GC)
[6]次ページ
(2.7.ル・マン24時間レース)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/01/06 03:02
ソ人気記事ランキング
2020/01/18 更新
 1位日本
 2位軽井沢スキーバス転落事故
 3位1月17日
 4位平清香
 5位ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant