サービス終了のお知らせ
リベラーチェ
▼人気記事ランキング
1.プロフィール
1.6.晩年
1980年代に入っても高い人気を保ち続け、その活動はラスベガス・ヒルトンなどでの定期ステージのみならず、様々な映画への出演や「サタデー・ナイト・ライブ」や「オプラ・ウィンフリー・ショー」などの人気テレビ番組、さらには「レッスルマニア」でのタイムキーパー役など広範囲に渡った。

1982年には、リベラーチェの元専属運転手で恋人でもあったスコット・ソーソンから、過去の交際に対する慰謝料の訴えを起こされることになった。同性愛者であることを隠したかったリベラーチェは、ソーソンとの過去の交際そのものを否定し、さらに同性愛傾向を隠すために「私は熟女好きだ」などと公言したものの、その後1986年に7万5千ドルをソーソンに支払うことで法廷外で和解した。

この頃リベラーチェの体は後天性免疫不全症候群(エイズ)によって蝕まれていたものの、同年の11月にはニューヨーク市ラジオシティ・ミュージックホールで21日間に渡るステージを行った。このステージがリベラーチェにとって最後のステージとなった。また最後のテレビ出演は、同年のクリスマスに放映された「オプラ・ウィンフリー・ショー」であった。

[4]前ページ
(1.5.悪趣味の代名詞)
[6]次ページ
(1.7.死去)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/23 20:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant