サービス終了のお知らせ
リスボン
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
リスボンポルトガル語: Lisboa IPA: [?i??bo?] ( 音声ファイル)[1][li??βo?] リジュボア[2]英語: Lisbon IPA: [?l?zb?n])は、ポルトガルの首都で同国最大の都市である。市域人口は54万7,631人を擁し[3]、市域面積は84.8平方キロメートル(33平方マイル)に過ぎないが、そのぶん高い人口密度を保持している。リスボンの都市的地域は行政区としての市域を越えて広がっており、人口は300万人を超え[4]、面積は958平方キロメートル(370平方マイル)[4]を占めており、欧州連合域内では11番目に大きな都市圏 (enを形成している。約303万5,000人[5][6] の人々がリスボン都市圏英語版に暮らし、ポルトガルの全人口の約27パーセントを占めている。リスボンはヨーロッパの大都市ではもっとも西にある都市であると同時に、ヨーロッパの中でもっとも西側に位置する政府首都でもある。ヨーロッパ諸国の首都のなかで唯一の大西洋岸にあるリスボンは、イベリア半島の西側、テージョ川の河畔に位置している。
リスボンは金融や商業、出版、娯楽、芸術、貿易、教育、観光といったさまざまな分野で重要な都市であることから、世界都市とみなされている[7][8]ポルテラ空港は2012年に1,530万人の旅客を扱い、高速道路(Auto-estrada)や高速列車アルファ・ペンドゥラールによりポルトガルのほかの主要都市と結ばれている[9]南ヨーロッパではイスタンブールローマバルセロナマドリードアテネミラノに次いで7番目に多くの観光客が訪れる都市で、2009年には174万人の観光客が訪れた[10]。リスボンの総所得は世界の都市で32番目に高い位置を占めている[11] 。ポルトガルの多国籍企業の本社はほとんどがリスボン地域に置かれており、世界では9番目に多くの国際会議が開かれる都市でもある[12]
また、ポルトガルの政治の中心でポルトガル政府英語版の首府やポルトガルの大統領官邸が置かれているほか、リスボン地域英語版リスボン県の中心でもある。
世界的にも古い歴史がある都市の一つで、西ヨーロッパでは最古の都市であり、現代のヨーロッパのほかの首都であるロンドンやパリ、ローマなどよりも数百年さかのぼる。ガイウス・ユリウス・カエサルはフェリキタス・ユリア(Felicitas Julia)と呼ばれるムニキピウムを創建し、オリピソ(Olissipo)の名に加えた。5世紀から一連のゲルマン人部族により支配され、8世紀にはムーア人により攻略された。1147年、ポルトガル王国の建国者アフォンソ1世下のレコンキスタでのリスボン攻防戦で、ポルトガルはムーア人からリスボンを奪回する。以来、リスボンはポルトガルの主要な政治、経済、文化の中心となっている。ほとんどの首都と異なり、リスボンのポルトガルの首都としての地位は法令や書面の形式では公式に認められたり確認されたりしていない。首都としての地位は憲法制定会議を通じて事実上の首都としてポルトガルの憲法英語版に定められている。
リスボンには欧州薬物・薬物依存監視センター(EMCDDA)と欧州海上保安機関(EMSA)の2つの欧州連合の専門機関が置かれている。「ルゾフォニアの世界の首都」と呼ばれ、ポルトガル語諸国共同体の本部がペナフィエル伯宮殿英語版に置かれている。ベレンの塔ジェロニモス修道院の2つはUNESCO世界遺産に登録されている。さらに1994年、リスボンは欧州文化首都になり、1998年にはリスボン国際博覧会が開催された。
目次
1.地理
├1.1.地勢
├1.2.気候
├1.3.行政教区
└1.4.地区
2.歴史
├2.1.ローマ以前
├2.2.ローマ時代
├2.3.中世
├2.4.近世
└2.5.19世紀から現代まで
3.人口動態
└3.1.都市圏
4.経済
5.交通
├5.1.路面電車
├5.2.鉄道
├5.3.道路・路線バス
├5.4.
├5.5.フェリー
└5.6.航空
6.教育
└6.1.高等教育
7.文化
├7.1.文化施設
├7.2.行事
└7.3.その他
8.スポーツ
├8.1.サッカー
├8.2.ほかのスポーツ
└8.3.競技施設
9.リスボン出身の人物
10.姉妹都市
11.ギャラリー
12.脚注
13.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/15 11:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/26 更新
 1位日本
 2位住吉会
 3位羽生ありさ
 4位水野朝陽
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant