リサイクル
▼人気記事ランキング
2.リサイクルの分類
様々な分類法がある。例えば次のようなものである。

ひとつの大分類法は「内部リサイクル(internal recycling)」と「外部リサイクル(external recycling)」に分類する方法である。内部リサイクルとは、例えば、製造工程において生じた廃棄物をその工程で再利用することである。例えば銅管を製造している工場ではその製造工程で銅管の端を切ったり削ったりし(銅製の)不要物が生じるが、それを工場内で熱し溶かして、銅材として銅管の製造工程で再利用すること、は「内部リサイクル」の一例である[3]。また内部リサイクルには例えば、醸造工場で生じ不要となった「絞りかす」を原材料として用いて同工場で飼料を作る、などといった形もありうる[3]。「外部リサイクル」とは、使用済みとなったり廃棄された製品から、原材料を再生することである。例えば、新聞や雑誌を回収し再生紙工場で粉砕しパルプの状態に戻し新たにを作ることもそれにあたる[3]。広範囲に行われている「外部リサイクル」の例としては、新聞紙・雑誌類と並んで、ガラス瓶アルミ缶などの再生も挙げることができる[3]

また次のような分類法もある。

オープンリサイクル(open-loop recycling) / クローズドリサイクル(closed-loop recycling)
水平リサイクル(同種の製品にリサイクルされる場合)/カスケードリサイクル(なんらかの品質の低下があり、異種の製品にリサイクルされる場合)
マテリアル / ケミカル / サーマル
マテリアルリサイクル:材料(マテリアル)としての再資源化
ケミカルリサイクル(フィードストックリサイクル):化学製品の原料(フィードストック)としての再資源化
サーマルリサイクル(エネルギー回収):燃料化、熱源・エネルギー源としての有効利用
[4]前ページ
(1.概要)
[6]次ページ
(3.1.紙類)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/12 08:38
ソ人気記事ランキング
2019/11/19 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 4位伊藤綾子
 5位メチレンジオキシメタンフェタミン
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant