サービス終了のお知らせ
リカルド・マルティネリ
▼人気記事ランキング
3.政界における経歴
1994年から1996年まで、エルネスト・ペレス・バジャダレス政権で社会保障局長を務めた[2]。ミレヤ・モスコソ政権下の1999年9月から2003年1月には、パナマ運河理事会の会長と運河担当相を務めた[2]

1998年5月に「民主変革」という政党を結成し、党首に就任した[2]。2004年の大統領選挙に立候補したが、結果は5.3ポイントで4位であった[4]。その後、2009年の大統領選に再度出馬[2]。政治腐敗の撲滅と凶悪犯罪の減少を公約に掲げ、推計で3500万ドルを選挙活動につぎ込んだ[4]。マルティネリは本命に目され、世論調査でも民主革命党と人民党の連立与党に10ポイント以上の差をつけた[4]。自らの民主変革のほか、パナメニスタ党、民族主義共和自由運動、愛国連合から成る「変革同盟」の支持をとりつけた[2]

投票は5月3日に行われ、その結果マルティネリは投票総数の6割を獲得する大勝をとげた。次位はバルビナ・エレラの36ポイントであった。マルティネリの得票率は1989年以後の最高記録であった[5]。同年7月1日に大統領に就任した[6]

[4]前ページ
(2.財界における経歴)
[6]次ページ
(4.大統領職)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/20 00:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant