リエパーヤ国際空港
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
リエパーヤ国際空港とは、ラトビア西部に位置するリエパーヤにある国際空港リガ国際空港ヴェンツピルス国際空港と共に、ラトビアの3つの国際空港の内の一つである。
リエパーヤ国際空港はリエパーヤの東5 kmの位置にあり、また、ラトビアの首都であるリガからは210 km、隣国リトアニアとの国境からは60 km離れている。空港の敷地面積は2.2 km2あり、全域がリエパーヤ経済特区に指定されている。2005年9月にリエパーヤ国際空港、リガ国際空港間の運行が季節便として14年ぶりに再開した。2007年からはリガへの季節便が定期的に運用されるようになり、コペンハーゲンおよびハンブルクへの新しいルートが開かれた。リエパーヤからの定期便を運航している航空会社は、エア・バルティックのみであり、このルートではフォッカー 50およびダニッシュ・エアトランスポートの ATR42-300 が使われている。
冷戦初期の間、飛行場はソ連防空軍の基地として使用されており、1950年4月8日にはアメリカ空軍 PB4Y-2プライバティア(BuNo 59645)を撃墜している[3]
目次
1.アクセス
2.関連項目
3.出典
4.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/08/06 05:00
ソ人気記事ランキング
2019/11/18 更新
 1位日本
 2位沢尻エリカ
 3位伊藤綾子
 4位滝口幸広
 5位11月17日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant