リング (鈴木光司の小説)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
リング』は、日本の作家である鈴木光司によるミステリホラー小説。見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオ」の恐怖と、その来歴に迫ろうとする主人公を描く。
『リング』シリーズの第1作であり、後に続編『らせん』『ループ』『エス』『タイド』および外伝作品『バースデイ』が刊行されている。また、本作を原作として複数のテレビドラマ、ラジオドラマ、映画、漫画、テレビゲーム化が行われた。このうち1998年の日本映画『リング』およびそのリメイクである2002年のアメリカ映画『ザ・リング』はヒット作となり、ジャパニーズホラーブームの火付け役となった[1][2][3][4]1998年公開の『リング』は配給収入10億円を記録した[5]
目次
1.概要
├1.1.来歴
├1.2.作品の特徴
├1.3.続編の方向性
└1.4.映像作品
2.あらすじ
3.モデルとなった人物や舞台
4.登場人物
├4.1.シリーズの主要登場人物
├4.2.ビデオに関わってしまった人々
├4.3.山村貞子に関わる人物
└4.4.他作品の登場人物
5.書誌情報
6.テレビドラマ
├6.1.ドラマスペシャル
└6.2.リング〜最終章〜
7.ラジオドラマ
└7.1.キャスト
8.映画
├8.1.日本映画
├8.2.韓国映画
└8.3.アメリカ映画
9.ゲーム
10.パチンコ・パチスロ
11.漫画
12.パロディ
13.関連イベント
14.年表
15.脚注
├15.1.注釈
├15.2.出典
└15.3.参考文献
16.外部リンク
出典:Wikipedia
2018/11/24 23:02
ソ人気記事ランキング
2018/12/14 更新
 1位日本
 2位艶堂しほり
 3位12月13日
 4位上沼恵美子
 5位マトリックスの登場人物一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant