リング (鈴木光司の小説)
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
リング』は、日本の作家である鈴木光司によるミステリホラー小説。見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオ」の恐怖と、その来歴に迫ろうとする主人公を描く。
『リング』シリーズの第1作であり、後に続編『らせん』『ループ』『エス』『タイド』および外伝作品『バースデイ』が刊行されている。また、本作を原作として複数のテレビドラマ、ラジオドラマ、映画、漫画、テレビゲーム化が行われた。このうち1998年の日本映画『リング』およびそのリメイクである2002年のアメリカ映画『ザ・リング』はヒット作となり、ジャパニーズホラーブームの火付け役となった[1][2][3][4]1998年公開の『リング』は配給収入10億円を記録した [5]
目次
1.概要
├1.1.来歴
├1.2.作品の特徴
├1.3.続編の方向性
└1.4.映像作品
2.あらすじ
3.モデルとなった人物や舞台
4.登場人物
├4.1.シリーズの主要登場人物
├4.2.ビデオに関わってしまった人々
├4.3.山村貞子に関わる人物
└4.4.他作品の登場人物
5.書誌情報
6.テレビドラマ
├6.1.ドラマスペシャル
└6.2.リング〜最終章〜
7.ラジオドラマ
8.映画
├8.1.日本映画
├8.2.韓国映画
└8.3.アメリカ映画
9.ゲーム
10.パチンコ・パチスロ
11.漫画
12.パロディ
13.関連イベント
14.年表
15.脚注
├15.1.注釈
├15.2.出典
└15.3.参考文献
16.外部リンク

1. 田村麻里子 (2005年7月4日). “ヤフー、松嶋菜々子主演「リング」など角川映画10作品を追加”. RBB TODAY. イード. 2011年8月31日閲覧。
2. 千歳香奈子 (2005年5月10日). “ホラー映画ブームの背景”. nikkansports.com ハリウッド直送便. 日刊スポーツ新聞社. 2011年8月31日閲覧。
3. 中田秀夫 (2009年3月19日). HIDEO NAKATA. インタビュアー:原田優輝. 須永貴子. PUBLIC-IMAGE.ORG.. http://public-image.org/interview/2009/03/19/hideo-nakata.html 2011年8月1日閲覧。 
4. 丸山玄則 (2011年11月3日). “日本政府 ハリウッド進出 60億円出資 新会社設立 アニメ・玩具 映画化狙う”. 朝日新聞13版 (朝日新聞社): p. 1面. http://digital.asahi.com/articles/TKY201111020783.html 2011年11月7日閲覧。 
5. http://ir.kadokawa.co.jp/ir/houkoku/577/04.php

出典:Wikipedia
2017/11/28 11:32
ソ人気記事ランキング
2018/02/20 更新
 1位四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件
 2位羽生結弦
 3位眠狂四郎
 4位快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー
 5位メイプルソープ事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant