リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
▼人気記事ランキング
3.加害者の逃避行
3.1.オーハ島での生活
市橋は、逃亡中に沖縄県の島尻郡久米島町オーハ島を4回訪れており最長で3ヶ月ほど滞在した[11]。最初の滞在では海岸近くの岩場に潜伏していたが、2回目以降の滞在は海岸近くのコンクリートブロック造りの小屋に移動した[12][13]。オーハ島はダイビングスポットや海水浴としては人気があったが、当時居住していたのは70歳代の男性が1人であった。隣の久米島で仕事を探したが適当な仕事がなく、自給自足の生活をしていた。最初の滞在は準備不足で魚釣りも満足にできず食料調達に失敗し1週間で頓挫した。オーハ島から沖縄本島に戻るときにはフェリーの代金が足りずキセルをして職員に捕まっているが、事件の市橋とは察知されず放免されている[2]

2回目以降の滞在では図書館でサバイバルに関して調査し、ヤシガニを食べたり、野菜栽培するなどして生活した[2]飲料水奥武島に泳いで渡り、1週間分の飲料水をペットボトルに詰めて持ち帰るなどした[2]燃料となる流木が豊富に得られたので困ることはなかった。逮捕されたときも、この島を目指して移動途中であった。初公判で市橋は、もはや逃げ切れないと思い、オーハ島の小屋で死のうと思っていたと供述した[9]。2011年1月23日千葉県警は捜査員を派遣して、小屋の残留物を証拠品として押収した。

[4]前ページ
(3.加害者の逃避行)
[6]次ページ
(4.逮捕)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/07 23:32
ソ人気記事ランキング
2018/10/17 更新
 1位日本
 2位今日から俺は!!
 3位ドリフ大爆笑のコント
 4位10月16日
 5位AV女優一覧 あ行
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant