リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
▼人気記事ランキング
2.被害者の家族の活動
被害者の家族は、単独あるいはイギリスのマスコミと一緒に何度も訪日し、事件現場に慰霊に通ったり、駅でのビラ配りを行い市橋逮捕への協力を訴えた。2007年6月27日には専用サイトを立ち上げ、市橋の顔を印刷したTシャツをネット販売するとともに、事件の風化を防ぐため繰りかえしマスコミへの出演を行った。

捜査協力はあらゆる方面に及び、イギリスのメディア『Mail Online』は、父親が日本のマフィア、つまりヤクザにも接触し、市橋探しの捜査を依頼していたと報道した[8]

当時のグレアム・フライ駐日英大使も2007年4月1日、東京都内で記者会見を行い、市橋逮捕への協力を求め、家族の活動を支援した。テレビ朝日奇跡の扉 TVのチカラ』(2007年6月30日放送)において特別番組が編成され、来日中の被害者両親も出演して、日本国内に広く情報提供を求めた。

[4]前ページ
(1.3.懸賞金による情報公開)
[6]次ページ
(3.加害者の逃避行)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/07 23:32
ソ人気記事ランキング
2018/10/17 更新
 1位日本
 2位今日から俺は!!
 3位ドリフ大爆笑のコント
 4位10月16日
 5位AV女優一覧 あ行
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant