リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件
▼人気記事ランキング
7.その他
2004年に市橋は行徳駅前のまんが喫茶店内で、男性会社員ズボンの後ろポケットから落ちた現金約1万円入りの財布を盗んだが、気づいた男性に取り押さえられ、逮捕されて14日間身柄を拘束された。しかし市橋の両親が被害者と示談したため不起訴となる。この逮捕拘留時にもハンガーストライキを行なった[29]
報奨金
同事件の市橋逮捕に結びつく重要情報提供に対する報奨金1000万円は、整形手術後の顔写真を提供した名古屋市内の美容整形外科医院、逮捕当日の位置情報を提供したフェリー会社、フェリー会社まで市橋を乗せたタクシー会社の3社に支払われることとなった。
ファンクラブ
市橋逮捕時直後には、市橋を「イッチー」と呼び、ファンクラブを標榜するmixiコミュニティを作成したり、それに参加する女性(市橋ギャル)が多数出現し、そのモラル面について批判が相次いだ(2ちゃんねるでも批判の対象となった)。ファンクラブを非難するコミュニティも作成され、個別のユーザーが攻撃され退会者が多数出る事態も発生した。作成者や参加者は裁判員制度の導入で馴染み深くなった「推定無罪の原則」を持ち出して支援の正当性を主張した。このように女性が被疑者や犯罪者との結び付きを求める現象はオウム真理教事件の時(上祐ギャル)や附属池田小事件の時(この事件の犯人として処刑された男と獄中結婚した女性がいる)などでもあり、犯罪心理学者で聖学院大学客員教授作田明が「被疑者への同情、共感というのは昔からあることで珍しいことではないが、ネットというツールの登場で、手軽に応援ができ、数が増えている印象がある」「リスクもあるマイノリティーの行動だが、それゆえに彼女らはヒロインという存在になることができ、陶酔している面があると思う。また、社会運動がしづらい世の中で、人々が反社会的な犯罪者に共感することもあるのではないか」と述べたほか、ジャーナリストの大谷昭宏が「バーチャルの世界で自分自身が傷つかず、被害者の心情を考える想像性が欠如しているのだと思う」「市橋容疑者が事件について何も言っていないため、彼が無機質な存在となり、彼女らは勝手な空想を膨らませているのだろう。現実が語られだしたら、生身の汗臭い男と同じ。ひいていくのではないか」と述べた[30][31][32][33]
TBS社員逮捕
市橋が送検される際、TBSテレビ情報制作局所属のディレクターが、送検される市橋を撮影すべく、規制線を乗り越え、制止した警察官を突き飛ばして怪我をさせ、移送車両に突進して窓ガラスを数回叩いたとして、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された。「男は取り押さえられた後も抵抗していた」との証言もある。この時他のカメラマンも車両に駆け寄り大混乱となったほか、日本経済新聞社のカメラマンも後ろから何者かに押され、右手指の骨にひびが入る怪我をしている。逮捕された人物は「いい画像を撮りたかった。お騒がせして大変申し訳ない」と供述し、同日夕方に釈放された[34][35][36][37]のちに不起訴となった。その理由について千葉地検は「社会的に制裁を受けていて、反省もしている」などと説明
裁判費用募金の呼びかけ
大学時代の部活(空手同好会[3])顧問だった千葉大学大学院名誉教授の本山直樹が「適正な裁判を受けさせる会」を立ち上げ、市橋の自首と募金を呼びかけた[38]。マスコミ報道で大きく報じられたことに胸を痛め、あくまでも適正な裁判を受けさせ、社会復帰への道を、という元教授としての愛情からである。罪状が死体遺棄から強姦致死・殺人へと大きく変わり、国選弁護士として引き続き弁護していくためには費用の面で難しいことを支援の理由に挙げている[39]。募金の合計金額は2011年7月までに340万円に達したが、発足以来いたずら電話通販を利用した悪質な嫌がらせが300回以上継続していることを法廷で明らかにした。市橋はこのことについて、逃亡中は知らなかった[9]
市橋を雇用した建設会社
建設会社での勤務態度は比較的良好であったが、帽子などで顔を隠す、社内の催しに参加を渋るという態度が見られた。市橋の逮捕後は、指名手配の殺人犯を雇用した会社として契約を断られるなどの風評被害が発生した。
謝罪文
逮捕された市橋は、イギリスの被害者家族に向けて英語と日本語で手書きの4ページの謝罪文を送ったが、被害者家族は裁判対策だとして受け取りを拒否した。謝罪文はタイムズ2010年10月5日付で、その一部の文章を掲載して報じられた[40]
逃亡生活の映画化
市橋の手記をもとに逃亡生活を題材とした映画「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」がディーン・フジオカ監督・主演で2013年に製作された[41]
中国におけるデマ
本件とは全く無関係であるが、2012年9月に中国で発生した反日デモの際、中国のネット上で「中国語を学ぶ日本人留学生2名が略奪や破壊など暴動を扇動し、逮捕された」との情報が飛び交い、微博 (Weibo) には「日本人2名」の顔写真が掲載された。だがこの写真は、市橋の指名手配写真と、逮捕後に公開された写真であった[42]
[4]前ページ
(6.3.控訴審(東京高裁))
[6]次ページ
(9.出典)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2018/10/07 23:32
ソ人気記事ランキング
2018/10/17 更新
 1位日本
 2位今日から俺は!!
 3位ドリフ大爆笑のコント
 4位10月16日
 5位AV女優一覧 あ行
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant