サービス終了のお知らせ
ラビア・カーディル
▼人気記事ランキング
3.ウイグル民族運動の指導者として
3.1.日本における活動
2007年11月アムネスティ・インターナショナル日本の招請で訪日し、中国政府による東トルキスタンでの人権抑圧を非難した[13]2009年10月の訪日では、鹿児島大学などで講演した

2012年5月の訪日では、同月14日に開かれた東京都憲政記念館で開幕した世界ウイグル会議の第4回代表大会に出席した。この代表大会は、アジアでは初めての開催となる。日本はラビアなど世界ウイグル会議の要人にビザを発給しており、これに中国が反発している[14]5月14日に日本人戦没者に栄誉を奉げるために靖国神社を訪問し[15]、「日本民族の精神の象徴的なところである」「ここを訪問することは歴史を学ぶことであります。」「第二次世界大戦で亡くなった方々は日本の英雄である」などの見解を表明し、現在ウイグル民族の英雄を顕彰することが禁止されていることから、「未来、必ずウイグル民族の英雄達のためにこのような記念する場を設立します。」などとウイグル民族の今後の展望について語った[16]。18日には、東京都の尖閣諸島購入の募金呼びかけ(東京都尖閣諸島寄附金)に対して10万円を寄付する[17]

2016年5月の訪日では、早稲田大学議員会館などで講演を行った。6月5日、王丹を招聘して東京で開催された天安門事件追悼集会にも登壇した。2017年2月、中国によるウイグル人などへの少数民族に対する抑圧に憤りを表明した意見書を採択した神奈川県鎌倉市議会を訪問し、ウイグル人に対する中国政府の弾圧の現状について、街は武装警官や警察犬であふれかえり、宗教や文化が次々と破壊されていると述べた[18]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/24 22:02
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant