サービス終了のお知らせ
ラジウム
▼人気記事ランキング
4.ラジウムに関連した事件
1920年代から1930年代にかけてアメリカで起こった、夜光塗料時計文字盤に塗る作業に関わった女性工場労働者が放射線中毒になった事件とその訴訟。ラジウム・ガールズを参照。
2011年10月、日本東京都世田谷区の木造民家の床下からラジウム226と推定される物質が発見された。時計用の夜光塗料として使われていたものと見られる。この床下のラジウムは毎時600マイクロシーベルト(年間5,256ミリシーベルト)であった。ラジウムが発見された場合の処分費用の高額さとその負担が問題となっている[5]
2014年6月、スイス北部ビエンヌの廃棄物処理場に、120kg分に及ぶラジウムの廃棄物が持ち込まれていたことが発覚。場所によっては、放射線量が毎時300マイクロシーベルトとなる場所もあった。廃棄物は、道路工事の最中に見つかったもので、時計の夜光塗料に用いられていたものと推測されている。夜光塗料としてのラジウムは、スイスでは1963年に使用が禁止されていたことから、住民に不安を与えないように事実が1年間隠匿されていた[6]
厚生労働省の『放射性物質等の運搬に関する基準(平成十七年十一月二十四日厚生労働省告示第四百九十一号)』は「容器に封入することを要する放射性物質」の基準値を定めているが[7]、他方、ラジウム223英語版によって汚染された物の放射性物質の濃度基準は、2016年現在、『放射性物質等の運搬に関する基準の一部を改正する件(案)』により基準値の見直しが行われている[8]
[4]前ページ
(3.利用)
[6]次ページ
(5.同位体)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/02/17 01:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/28 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位住吉会
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant