サービス終了のお知らせ
ライ麦畑でつかまえて
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ライ麦畑でつかまえて』(ライむぎばたけでつかまえて, : The Catcher in the Rye)は、J・D・サリンジャーによる長編小説1951年7月16日にリトル・ブラウン社から出版された。日本語訳版の題名としてはこの最も広く知られたもの[1]の他にも、『ライ麦畑の捕手』(ライむぎばたけのほしゅ)[2]、『キャッチャー・イン・ザ・ライ[3]、『危険な年齢』(きけんなねんれい)[4]などがある。
高校を放校となった17歳の少年ホールデン・コールフィールドクリスマス前のニューヨークの街をめぐる物語。口語的な文体で社会の欺瞞に対し鬱屈を投げかける内容は時代を超えて若者の共感を呼び、青春小説の古典的名作として世界中で読み継がれている[5][6]
目次
1.あらすじ
2.解説
3.社会への影響
4.続編騒動
5.日本語訳
6.関連作品
7.参考文献
8.脚注
出典:Wikipedia
2019/12/26 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant