ライトノベル
▼人気記事ランキング
6.他ジャンルとの関係
6.2.一般作品のライトノベル化
角川スニーカー文庫や富士見ミステリー文庫は宮部みゆきの『ブレイブ・ストーリー』、綾辻行人の『Another』など、一般文芸で活躍する作家のライトノベル化などを行っている。

2010年代からは『ビブリア古書堂の事件手帖』や『珈琲店タレーランの事件簿』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など、ライトノベル作家を起用しイラストを前面に押し出した文芸作品が人気を博している。こうした一般文芸とライトノベルの中間に位置する作品群は「キャラノベ[44]」や「ライト文芸[45]」と称されており、メディアワークス文庫の他、富士見書房富士見L文庫新潮社新潮文庫nex集英社集英社オレンジ文庫など大手出版社が続々と参入している。この他にも朝日新聞出版の朝日エアロ文庫、メディアファクトリーのMF文庫ダ・ヴィンチmewなどが存在する。また、角川ホラー文庫宝島社文庫などのように、既存のレーベル内で刊行する会社もある。

[4]前ページ
(6.1.一般向け展開)
[6]次ページ
(6.3.ジャンルの枠を超えた作品)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/11/11 11:07
ソ人気記事ランキング
2019/11/22 更新
 1位日本
 2位元千葉ロッテマリーンズ投手強盗殺人事件
 3位小川博
 4位沢尻エリカ
 5位木内みどり
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant