ライヴエイド
▼人気記事ランキング
8.問題点
8.2.コンサートの目的や結果として
後に、開催者側の金銭がらみのトラブルが発生した。
支援物資が、末端まで行き届かず、アフリカの港の段階での腐敗等、使い物にならなくなった食料も少なくなかった。
アフリカ数ヶ国では、国家側の政治的目的のために利用されてしまった。
ウッドストック以来の大規模なイベントであり、その時代に活躍したシンガーソングライター系のアーティスト達(ディラン、バエズ、CS&N等)はいずれもかつての自分達のスタイルでの演奏、ステージングを試みたが、1980年代の同時代性とは合わず、「時代遅れの過去の遺物」として冷ややかな反応を受けた。
フィナーレの「ウィ・アー・ザ・ワールド」で「マイクの奪い合い」に見えた点は各人がコーラスをマイクに乗せようとする気持ちが勝ちすぎたものと思われる。しかしながらリードシンガーのマイクを握って自分の方に向けようとすることはいかんせんやりすぎであった。また、パティ・ラベルの声量が大き過ぎた点に関してはリフレインのユニゾンコーラスのところでパティがオブリガートを乗せる役割を与えられたようであり、そのことに関して彼女自身の落ち度はない。声量が大き過ぎた点に関してはPA担当のミキシングの不手際であると思われる。
ボブ・ディランはフィラデルフィア会場の自身のパートに於いてのMCで「収益の一部をアメリカの困窮する農民にも回してあげたい」と発言(DVDではカット)し、その言葉がきっかけで「ファーム・エイド」が生まれた。しかし後年、ボブ・ゲルドフは自身の伝記で「彼はライヴ・エイドの趣旨を全く理解していなかった。『食を与えられない』問題と『職を与えられない』問題とは次元の違う話であり、そのことをないまぜにしてあのような発言を行ったのは愚かしいことであった。もちろんファーム・エイドが生まれた事自体はいい影響ではあったけれども」と述べている。
渋谷陽一は「ウッドストックは、イベントそのものが大きな事件であった。しかし、ライブエイドは「チャリティ」という話題を借りなければイベントが成り立たず、音楽の影響力が低下した証拠だ」という旨の発言をしている[9]
[4]前ページ
(8.1.放映(企画)面)
[6]次ページ
(9.1.注釈)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/24 05:30
ソ人気記事ランキング
2020/01/18 更新
 1位日本
 2位軽井沢スキーバス転落事故
 3位1月17日
 4位平清香
 5位ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant