ラヴレンチー・ベリヤ
▼人気記事ランキング
1.生涯
1.8.最期に関する異説
フルシチョフの証言によると、ベリヤは配下の秘密警察を駆使してソ連政府要人すべてを監視し、誰でも好きなときに逮捕・投獄・処刑できるだけの証拠を握っていた。そのため彼を排除するには不意討ちが絶対の条件で、フルシチョフを含むソ連首脳部はひそかに作戦を練り、定例会議を装ってベリヤを会議室に呼び出し、合図でベリヤにいっせいに襲いかかって首を絞めたという[16]。また同じく会議の席上でベリヤを捕縛しようとした際に、ベリヤが激しく抵抗したため、元帥のイワン・コーネフがピストルを抜いて射殺したという証言(1964年)もある[17]。さらにベリヤの息子を含む他の人々によれば、ベリヤの家が1953年6月26日に軍隊により襲撃され、ベリヤはその場で射殺され、その後、特別法廷のメンバーであるニコライ・シュヴェルニクが、ベリヤの息子に対して「君はもう父親には生きて会えない」と言ったという[18]

[4]前ページ
(1.7.最期)
[6]次ページ
(2.死後)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/28 10:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/14 更新
 1位日本
 2位梅宮辰夫
 3位松本ちえこ
 4位12月13日
 5位無名塾出身の俳優一覧
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant