ラヴレンチー・ベリヤ
▼人気記事ランキング
2.死後
ベリヤの死後、MGB(国家保安省)はMVD(内務省)から分離され、省からKGB(国家保安委員会に降格となった。その後、ソヴィエト警察の長が、ベリヤが振るったような権力を握ることは無かった。

2000年5月、ロシア最高裁判所は、ベリヤの家族による、1953年の有罪判決の取り消しを求める申し立てを却下した。この申し立ては、誤った政治的な告発の犠牲者の復権のために設けられたロシア共和国の法に基づくものであった。法廷は、「ベリヤは人々への弾圧の組織者であり、それゆえ、犠牲者とはみなされ得ない」と述べた。

[4]前ページ
(1.8.最期に関する異説)
[6]次ページ
(3.家族)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/28 10:30
ソ人気記事ランキング
2019/12/09 更新
 1位日本
 2位HR 8799 c
 3位HR 8799 d
 4位HR 8799 b
 5位山口小夜子
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant