サービス終了のお知らせ
ランファナンの戦い
▼人気記事ランキング
概要
ランファナンの戦い (ランファナンのたたかい、英語: Battle of Lumphanan)は、1057年8月15日スコットランド王マクベスとマルカム(後のマルカム3世)と争い、戦死した戦い。戦場は伝統的にアバディーンシャーのランファナン砦とされている。ランファナン砦の南西300メートルほどの地点に、マクベスが首を取られた場所であるという「マクベスの石」がある[1]。マクベス勢の残党は北方へ退却してルーラッハを擁立したが、7か月後に彼も殺害され、マルカム3世の元でスコットランド王国は再統一された。

脚注[編集]

出典:Wikipedia
2018/09/19 20:33
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant