サービス終了のお知らせ
ラルフ・ブライアント
▼人気記事ランキング
2.選手としての特徴
細身の体格ながらスイングスピードが非常に速く[9]強烈なライナーの打球が持ち味だった

しかし豪快な打撃の反面三振が非常に多く、1シーズン200三振以上(204三振、1993年)を記録した日本で唯一の打者である[10]。現役時代はシーズン130試合制であったにもかかわらず、2019年現在においても日本のシーズン三振最多記録の上位3位までをブライアントが独占している。通算三振数は1186で日本プロ野球史上24位(2011年9月現在)だが、三振数上位40名のうち、「出場試合数1000未満でランクインしている(773試合)」「三振数が出場試合数より上回っている」唯一の選手である。あまりの三振の多さのため「ホームランか三振か」「ミスターK」「大型扇風機」と評されたが、その一方でこの三振の多さから敬遠四球を受けることが少なく、本塁打の量産に繋がったと見る向きもある[11][12]

近鉄時代の応援歌の原曲は『仮面ライダーV3』のオープニング・テーマ「戦え!仮面ライダーV3」。ブライアント以降は、マリオ・バルデスに使われただけだった。

[4]前ページ
(1.4.引退後)
[6]次ページ
(3.人物)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/12/17 14:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/29 更新
 1位日本
 2位羽生ありさ
 3位水野朝陽
 4位2月28日
 5位AV女優
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant