サービス終了のお知らせ
ラリー・ジェームズ
▼人気記事ランキング
概要
ジョージ・ローレンス・"ラリー"・ジェームズ (George Lawrence "Larry" James、1947年11月6日 - 2008年11月6日)は、アメリカ合衆国陸上競技選手。1968年メキシコシティーオリンピックの金メダリストである。

経歴[編集]

ジェームズは、メキシコシティオリンピックの代表選考で44.1秒のタイムで、リー・エバンスに次いで2位となる。エバンスが44.0秒の世界新記録を出していたが、スパイクの違反のため世界記録は公認されず、2位となったジェームズの44.1秒が世界新記録と公認された。

ジェームズは、メキシコシティオリンピックの400mで44秒の壁を破る43.97秒のタイムを記録するも、エバンスが43.86秒の世界新記録で先着したため、銀メダルという結果に終わる。同大会では、4×400mリレーにも出場。アメリカは、ジェームズに加え、エバンス、さらに銅メダルを獲得したロン・フリーマン、そしてヴィンセント・マシューズ(1972年ミュンヘンオリンピック金メダリスト)という超強力な布陣で、2分56秒16という、それまでの記録を3秒以上更新する驚異的な世界新記録をたたき出した。この世界記録は1992年バルセロナオリンピックでアメリカが更新するまで24年間も破られることがなかった。

2008年11月6日、61歳の誕生日に大腸癌のためニュージャージー州ギャロウェイ(Galloway Township, New Jersey)の自宅で死去。

主な実績[編集]

外部リンク[編集]

ラリー・ジェームズ - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(Sports Reference)(英語)
出典:Wikipedia
2019/06/07 15:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/19 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant