サービス終了のお知らせ
ヨハン・クリューガー
▼人気記事ランキング
概要
ヨハン・クリューガーJohann Cr?ger1598年4月9日 - 1662年2月23日)は、讃美歌作曲者としてよく知られるドイツの作曲者である。

クリューガーは宿屋の息子として生まれた。彼は1613年までラテン語学校で学んだ。その後遍歴学生となり,その途上レーゲンスブルクにおいてジョヴァンニ・ガブリエーリの弟子パウル・ホムベルガーに師事した。1615年ベルリンへ行き神学を学んだ。1620年からヴィッテンベルク大学で神学を学んだ。当時,ルター派教会のカントルになるには神学を修めていなければならなかったのである。1622年にベルリン-ケルン(現在のベルリン)のニコライ教会のカントルに招聘され,以来その死までの40年の間、彼はこの町の音楽監督・カントル・ギムナジウム教師であった。

クリューガーは多数の音楽を作曲し、また音楽教育についても多く著作活動を行った。1643年に有名な讃美歌作詞者パウル・ゲルハルトに会い、親しい友人となり,その数々の讃美歌の為に作曲した(優れた讃美歌詩人としてのゲルハルトを最初に見出したのはクリューガーである)。1640年に彼が編纂した讃美歌集Newes vollk?mliches Gesangbuch Augspurgischer Confession(『アウグスブルク信条に基づく新しい完全な聖歌集』)は、第2版においてPraxis pietatis melica, 『歌による敬虔の修練』とタイトルを改め,これは17世紀で最も重要なドイツルーテル派の讃美歌集となった。

日本語讃美歌[編集]

讃美歌 (1954年版)

2番「いざやともに」
13番「こころのよろこびわれはうたわん」
18番 「聖なる御神は」
153番 「わがたまよ、きけ、」
讃美歌第二編

93番 「わがよろこび、なぐさめなるヨハン・フランク詞、ヨハン・ゼバスティアン・バッハモテットイエス、わが喜び」BWV227
95番 「わがこころよ、いま」ヨハン・フランク詞、ヨハン・ゼバスティアン・バッハカンタータ180番「身を飾れ、おお愛する魂よ」

関連項目[編集]

著名な賛美歌一覧

外部リンク[編集]

Johann Cr?ger biography in the Phonoarchive Grove
Dietrich Nummert, Kantor und Lehrer Johann Cr?ger (ドイツ語)
ヨハン・クリューガーの楽譜 - 国際楽譜ライブラリープロジェクトPDFとして無料で入手可能。
出典:Wikipedia
2019/09/10 21:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant