ヨーロッパ発展のためのブルガリア市民
▼人気記事ランキング
概要
ヨーロッパ発展のためのブルガリア市民(ヨーロッパはってんのためのブルガリアしみん、ブルガリア語:Граждани за европейско развитие на България; ГЕРБ / Grazhdani za evropeysko razvitie na Balgariya; GERB)は、ブルガリア中道右派政党2006年12月3日に結成された。公式な党首は、ソフィア副市長を務めたツヴェタン・ツヴェタノフ(Цветан Цветанов / Tsvetan Tsvetanov)である。しかし、実質的に党を指導しているのは、2005年にソフィア市長に就任したボイコ・ボリソフБойко Борисов / Boyko Borisov)である。2006年の党結成に先立って、同じGERBの名を持った非営利団体が作られ、後に政党へと改組された。

2007年1月[10]、そして2007年2月[11]、GERBは支持率調査で14%程度の支持を集め、25%で首位となったブルガリア社会党に次いで2番目に人気のある政党となった。GERBは、犯罪汚職と闘うこと、社会の基盤をなす家庭を守ること、そしてエネルギー源の自立を優先課題としている。

GERBは2007年、ブルガリアでは初となった欧州議会選挙にて勝利を収めた。GERBは投票総数の21.69%に相当する419,301票を集めて、5人の欧州議会議員を欧州議会に送り出すこととなった。GERBの議員らは欧州議会における政党連合・欧州人民党・民主主義グループ(EPP-EB)の欧州人民党に加わった。2007年6月6日、GERBは公式に欧州人民党への加盟を決定した[12]。GERBは、2008年2月7日、公式に欧州人民党に加盟した[13]

2009年7月5日、国民議会の任期満了に伴って実施された国民議会選挙でGERBは、与党の「ブルガリアのための連合」(ブルガリア社会党を中核とする中道左派政党連合)に大差をつけて第一党(240議席中116議席)となった。しかし、単独過半数を確保するにはいたらなかったので、極右民族政党のアタカ国民連合と閣外協力協定を結び、7月27日に行われた国民議会においてボリソフ首相候補と新内閣組織、閣僚リストを賛成多数で可決承認し、GERB内閣が正式に発足した[14]

選挙結果[編集]

脚注[編集]

“Socialists Lead GERB in Bulgarian Politics: Angus Reid Global Monitor”. www.angus-reid.com. 2009年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月10日閲覧。“Socialists Gain, GERB Second in Bulgaria: Angus Reid Global Monitor”. www.angus-reid.com. 2008年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月10日閲覧。“Official web-site of GERB”. gerb-bg.com. 2007年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月10日閲覧。“Bulgaria's GERB joins European People's Party (SETimes.com)”. www.setimes.com. 2008年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]

Official website (ブルガリア語)

出典:Wikipedia
2019/10/18 05:00
ソ人気記事ランキング
2020/01/27 更新
 1位日本
 2位唐田えりか
 3位少年誘拐ホルマリン漬け事件
 4位東出昌大
 5位杏 (女優)
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant