ユダヤ人
▼人気記事ランキング
4.年表
313年 - ミラノ勅令ローマ帝国で、これまで弾圧を受けていたキリスト教が公認される)
392年 - ローマ帝国がキリスト教以外の宗教を禁止
529年 - ユスティニアヌス1世アテネの哲学院(ギリシア哲学)を閉鎖
622年 - イスラム教が成立
6世紀 - 8世紀頃 - 東ローマとササン朝が全面戦争。ユダヤ人の一部が大挙してアラビアに移住。新都市の建設に協力するが、イスラム教への改宗は拒絶した。その為、短期間、迫害を受ける。
7世紀以降 - イスラム教徒がイベリア半島に進出するに伴い、メソポタミア地方、シリア、小アジア、エジプト、そして勿論マグリブのユダヤ教徒がイベリア半島に移住(セファルディムラディーノ語を参照)
10世紀 - アシュケナジムがライン地方に定着(詳細はアシュケナジムイディッシュ語、中欧のユダヤ教徒の歴史を参照)
11世紀
十字軍イスラム帝国分裂の結果、中東のユダヤ教徒が弾圧され、多くがヴェネツィアに移住
カトリック教会がユダヤ教徒をほとんどの職業から追放
ユダヤ人は中世のヨーロッパ大陸でさまざまな商工農業に従事し、東方貿易の担い手でもあったが、教会法と世俗法による職業制限の結果、商業、特に貸金業などの金融業に従事する割合が増大した。教会法はキリスト教徒の利子付き貸借を禁じていたが、ユダヤ教は異教徒から利子を受け取ることを許しているためである(ただし、キリスト教会によって名目上あらゆる利子取得は非難されていたにもかかわらず、実際には聖職者や修道院さえも金銭貸借を行っていた)。11-12世紀にイタリア商人が地中海貿易の覇権を握るとユダヤ人は遠隔地貿易から締め出され、貸金業に活路を見出した。13世紀頃から北イタリアを中心としてキリスト教徒の商人が大々的に金融業を営むようになると、金貸しはユダヤ人の独占市場ではなくなり、ユダヤ人は質屋などの消費者金融専門となった。こうした経済的社会状況を背景とした反ユダヤ感情が11世紀末頃から芽生える。
ポーランド王国によるユダヤ人移民の受け入れが本格化する
1246年 - ミンダウガスリトアニア大公として即位
1264年 - 「カリシュの法令」が発布され、これ以降ポーランドではユダヤ人の権利と安全が制度的に保障される
14世紀初め - ヴワディスワフ1世によってポーランド再統一
1386年 - ポーランド、非キリスト教国であったリトアニア大公国から大公ヨガイラ(ヴワディスワフ2世)を国王に迎え入れ、リトアニアと連合(ヤギェウォ朝
1453年 - オスマン帝国軍東ローマ帝国の首都コンスタンティノポリス(現在のイスタンブール)を陥落させる。オスマン帝国では、この後、ユダヤ難民を受け入れ、ヨーロッパ世界とは異なり、基本的には非ムスリムに対する差別を禁止する、国家による平等社会が整備された
15世紀 - レコンキスタの進展によりスペインのイスラム勢力がキリスト教勢力に追われ、イスラム教国に協力したとされたユダヤ教徒が弾圧される。一部はキリスト教に改宗し、1492年改宗を拒否したユダヤ人は追放され、多数が地中海周辺の都市に移住。改宗したユダヤ人は、スペインにおいては差別はなくならず、マラーノと呼ばれ蔑まれた。
1569年 - ルブリン合同
1648年 - ボフダン・フメリニツキーウクライナ・コサック)の反乱
1772年1793年1795年 - ポーランド分割
1786年 - ユダヤ教徒居住区設置
18世紀末 - フランス革命:ユダヤ教徒の権利向上の動きもあり、ユダヤ教徒への弾圧が弱まって行ったが、逆に新反ユダヤ主義が芽生える面もあった。
1789年8月26日 - 人間と市民の権利の宣言
1800年代 - ナポレオン戦争
1881年 - アレクサンドル3世即位。ユダヤ教徒弾圧始まる。
1883年 - ロシア、イディッシュ演劇の上演禁止(オーストリア・ハンガリー帝国ではこのようなことはない)
19世紀末
東欧で続く弾圧から逃げるため、東欧のユダヤ教徒がパレスチナ(イスラエルの地)に移住し始める。ロスチャイルド家から移住の費用が補助されたといわれる。これが、後のイスラエル建国へとつながる。テルアビブの都市建設などが始まる。
ドレフュス事件が起き、シオニズムが活発になる。フランス軍のユダヤ人大尉がスパイの冤罪を着せられた事件。
1908年/1909年/1914年 - イズレイル・ザングウィル、アメリカのアイデンティティに対し「メルティング・ポット」論(原型が溶かされて一つになる)を唱える。
1914年 - ホレイス・カレン(ユダヤ系)、アメリカのアイデンティティに対し「サラダボウル論」(それぞれの形の色と形を留めたままで共生する社会)を唱え、文化的多元主義を提案する。
1918年 - ポーランドが西ウクライナ人民共和国を武力で滅ぼし、東ガリツィヤ(ハルィチナー)をはじめとする一帯を領有
1930年代 - 1933年のナチ党の権力掌握により、ドイツにおいて人種主義に基づく反ユダヤ政策が実行される。
第二次世界大戦期 - 反ユダヤ政策がドイツの占領地域に拡大し、ユダヤ人の隔離、強制収容が行われる。独ソ戦勃発以降にはヨーロッパからのユダヤ人種の根絶をはかるホロコーストが行われ、600万人とも言われるユダヤ人が犠牲になったとされる。戦中、戦後の時期においてヨーロッパを離れパレスチナなどに移住するユダヤ人が発生。
1948年5月14日 - 国連決議181号に基づきイスラエルの独立宣言。
1965年 - 多文化主義が提唱される。
1990年代 - ソビエト連邦の崩壊によりソ連に住んでいたユダヤ人が大量にイスラエルに移住。
[4]前ページ
(3.4.近代)
[6]次ページ
(4.1.反ユダヤ主義)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/05 03:00
ソ人気記事ランキング
2019/08/18 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位雅樹ちゃん誘拐殺人事件
 4位千と千尋の神隠し
 5位二・二六事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant