サービス終了のお知らせ
ユージン・ビンガム
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ユージン・クック・ビンガム(Eugene Cook Bingham、1878年12月8日 - 1945年11月6日)はアメリカ合衆国の化学者。ラファイエット大学の化学科長を務めたこともある教授。レオロジーに多大な貢献をし、この言葉を(Markus Reinerとともに)導入した[1]。理論と実際の両方で先駆者であった。ビンガムプラスチックもしくはビンガム液体として知られている液体は彼の名前にちなんでいる。ビンガム応力も同様である。アパラチアン・トレイルの建設責任者の1人でもあった[2]
目次
1.経歴
2.遺産
3.主な著作
4.脚注
5.外部リンク
出典:Wikipedia
2019/02/02 22:03
ソ人気記事ランキング
2020/03/28 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位玉木玲
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant