サービス終了のお知らせ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国
▼人気記事ランキング
3.歴史
3.2.親ソ連時代
ユーゴスラビアが建国されたころ、世界は冷戦に突入していた。冷戦の初期において、ユーゴスラビア連邦は、ヨシフ・スターリンの指揮下にあるソ連と手を組み、1946年8月9日と8月16日にはユーゴスラビアの領空を飛行していたアメリカの航空機を撃墜した。これらは冷戦期において初めての西側諸国の航空機の撃墜であり、アメリカはチトーに対して強い不信感を持ち、アメリカは軍に対してユーゴスラビア侵攻を求めた[5][6]。しかし、ユーゴスラビアとソ連の盟友関係にもかかわらず、スターリンもまたチトーに対して不信感を持ち、それぞれ互いの手法に同意しなかった[5]。ユーゴスラビアは、当時スターリンが唱えていた一国社会主義を支持していた周辺の他東側諸国とは異なり、国境を越えた国際的な革命(国際社会主義希求組織)を組織し、ユーゴスラビアの人々はチトーがふさわしい指導者であり英雄であると見ていた。このことは、故トロツキーにより唱えられていた国際共産主義を思い起こさせ、政敵・故レーニン後継者レース勝者であったスターリンを大きく苛立たせていた。スターリンは、ソ連が全ての東側諸国を支配することを望んでいた[5]。チトーとスターリンの不和は、ユーゴスラビアの経済をソ連や他の東側諸国と結びつけることをチトーが拒否したことによって、いっそう高まっていった。ソ連のプロパガンダ映画製作者たちが、ユーゴスラビアのレジスタンスを描いた映画を作製し、その中でのチトーの果たした役割を矮小化したことが明らかになるに至り、チトーとスターリンの関係は終わった[5]。しかし、映画製作に関連したこの状況は、映画製作者らがソ連のスパイであったことが明らかになった時点でさらに悪化した。このことにチトーは激怒し、1948年、ユーゴスラビアとソ連の危機はスターリンからの最終警告が発されて緊張感が高まった。最終警告では、ユーゴスラビアはソ連の衛星国であったブルガリア人民共和国と直ちに連邦を結成することを求めていた。チトーは自国の独立を損ねるこの求めを拒絶し、スターリンはこれに対してユーゴスラビアの共産主義者をコミンフォルムから追放することで応じた。これによって、ユーゴスラビアとソ連の残されていた関係は全て絶たれた。

土地改革が導入され、多くの人々が土地を獲得した。収穫量の80%の固定価格での強制買取は少なくなった[7]。議会では、農民の利益はドラゴリュブ・ヨヴァノヴィッチ(Dragoljub Jovanovi?)の手によって守られていたが、ヨヴァノヴィッチは後に逮捕された[8]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/14 20:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant