サービス終了のお知らせ
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国
▼人気記事ランキング
7.文化
ユーゴスラビアで著名な作家としては、ノーベル文学賞を受賞したイヴォ・アンドリッチや、ミロスラヴ・クルレジャMiroslav Krle?a)、メシャ・セリモヴィッチ(Me?a Selimovi?)、ブランコ・チョピッチ(Branko ?opi?)、マク・ディズダル(Mak Dizdar)などの名が挙がる。

著名な画家にはジョルジェ・アンドレイヴィッチ(?or?e Andrejevi? Kun)、ペタル・ルバルダ(Petar Lubarda)、メルサド・ベルベル(Mersad Berber)、ミリッチ・オド・マチュヴェ(Mili? od Ma?ve)などがいる。彫刻家では、アメリカのニューヨークにある国際連合本部ビルの前にあるモニュメントを製作したアントゥン・アウグスティンチッチ(Antun Augustin?i?)が知られる。

ピアニストイーヴォ・ポゴレリチヴァイオリニストのステファン・ミレンコヴィッチ(Stefan Milenkovi?)は国際的に知られたクラシック音楽の演奏家であり、ヤコヴ・ゴトヴァツは作曲家、指揮者である。ボバン・マルコヴィッチ(Boban Markovi?)はジャズ音楽家として名声が高い。

ユーゴスラヴィアの映画には、ダニロ・バタ・ストイコヴィッチ(Danilo Bata Stojkovi?)、リュバ・タディッチ(Ljuba Tadi?)、ファビヤン・ショヴァゴヴィッチ(Fabijan ?ovagovi?)、ムスタファ・ナダレヴィッチ(Mustafa Nadarevi?)、バタ・ジヴコヴィッチ(Bata ?ivojinovi?)、ボリス・ドヴォルニク(Boris Dvornik)、リュバ・サマルジッチ(Ljubi?a Samard?i?)、ドラガン・ニコリッチ(Dragan Nikoli?)、ミレナ・ドラヴィッチ(Milena Dravi?)、ネダ・アルネリッチ(Neda Arneri?)、ラデ・シェルバジヤ(Rade ?erbed?ija)、ミラ・フルラン(Mira Furlan)、エナ・ベゴヴィッチ(Ena Begovi?)などの俳優が登場した。映画監督にはエミール・クストリッツァドゥシャン・マカヴェイェヴ、ゴラン・マルコヴィッチ(Goran Markovi?)、ロルダン・ザフラノヴィッチ(Lordan Zafranovi?)、ゴラン・パスカリェヴィッチ(Goran Paskaljevi?)、ジヴォイン・パヴロヴィッチ(?ivojin Pavlovi?)、ハイルディン・クルヴァヴァツ(Hajrudin Krvavac)などがいる。ユーゴスラビアの映画では外国の著名な俳優も起用し、アカデミー外国語映画賞にノミネートされた『ネレトバの戦い』ではオーソン・ウェルズユル・ブリンナーを、『スティエスカ』(Sutjeska)ではリチャード・バートンを起用した。また、多くの外国の映画がユーゴスラビア国内で撮影された。ハリソン・フォードロバート・ショウフランコ・ネロなどが演じた『ナバロンの嵐』や、ジャッキー・チェンが演じた『サンダーアーム/龍兄虎弟』、アラン・アーキンジョアンナ・パクラルトガー・ハウアーの演じた『脱走戦線 ソビボーからの脱出』(Escape from Sobibor)は、ユーゴスラビア国内で撮影された。

ユーゴスラビアで開催される文化的催し物には、ドゥヴロヴニク夏祭り(Dubrova?ke ljetne igre)、プーラ映画祭(Pula Film Festival)、ストルガ詩の夕べ(Struga Poetry Evenings)などがある。ユーゴスラビア・ニュー・ウェイヴ(Yugoslav New Wave)は、ユーゴスラビアの流行音楽を席巻し、また、本物志向のサブカルチャー運動はニュー・プリミティヴス(New Primitives)と呼ばれた。ユーゴスラビアは、社会主義国で唯一、ユーロビジョン・ソング・コンテストに参加し続けた国であり、1961年から参加していた古参であった(ユーゴスラビアのユーロビジョン・ソング・コンテストも参照)。流行音楽のフェスティバルとしてはスプリト・フェスティバル(Split Festival)が有名であった。伝統音楽で名声のあるアーティストにはタネツTanec)合唱団や、ロマ音楽エスマ・レジェポヴァEsma Red?epova)などがいる。

1990年代のユーゴスラビア崩壊の前は、ユーゴスラビアは基づいた多文化主義の社会であった[3]。そして、それは「兄弟愛と統一」の概念や、ユーゴスラビア人民をよみがえらせたパルチザンによるファシストや民族主義者に対する勝利の記憶によるものであった。ユーゴスラビアでは、第二次世界大戦におけるユーゴスラビアの歴史は、単にユーゴスラビアのパルチザンたちによるファシストに対する勝利であるのみならず、多民族社会のユーゴスラビアを害する「悪」の民族主義者、クロアチア人のウスタシャやセルビア人のチェトニックに対する、「正義」であるユーゴスラビアの人民の勝利であるとされた[3][44]。ユーゴスラビアは自国民に対し、自国を非同盟諸国の指導者と位置づけ、ユーゴスラビアが、正しく、友好的な、マルクス主義の世界を作るためにあるとしていた[45]。アーティストたちは特定の民族を超えて多くの人々の人気を得ており、ボシュニャク人ターボ・フォーク歌手でボスニア・ヘルツェゴビナ出身のレパ・ブレナセルビアなどでも大変人気がある。映画界では1990年代まで民族主義的なものは避けられていた[46]

~目次に戻る
出典:Wikipedia
2020/03/14 20:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant