サービス終了のお知らせ
ユーグレナ藻
▼人気記事ランキング
5.分類
5.1.現在の分類の例
Adl et al. (2012)[1]より。

ユーグレナ類は、おおよそ栄養様式に対応した、捕食性の Heteronematina、光合成を行うユーグレナ藻、浸透栄養性の Aphagea に分けられる。ただし、Heteronematina は他の2つに対する基底的な側系統だが、この群の系統分類は進んでおらず、属分類も改変される可能性がある[1]

盤状クリステ類 Discicristata
ヘテロロボサ Heterolobosea
ユーグレナ類 Euglenida
Heteronematina - 捕食性。他の2群に対し側系統。旧 スフェノモナス亜目とヘテロネマ亜目からなる。
アニソネマ属 Anisonema
Dinema
エントシフォン属 Entosiphon
ヘテロネマ属 Heteronema
Lentomonas
メタネマ属 Metanema
ノトソレヌス属 Notosolenus
フトヒゲムシ属 Peranema
ペタロモナス属 Petalomonas
プロエオチア属 Ploeotia
ユーグレナ藻 Euglenophyceae - 光合成を行う。
ラパザ属 Rapaza
Eutreptiales - 旧 ユートレプチア亜目の主要部からなる。
ユートレプティア属 Eutreptia
ユートレプティエラ属 Eutreptiella
Euglenea - 旧 ユーグレナ亜目の主要部からなる。
ウチワヒゲムシ科 Phacaceae
Discoplastis
ニセウチワヒゲムシ属 Lepocinclis
ウチワヒゲムシ属 Phacus
ミドリムシ科 Euglenaceae
アスコグレナ属 Ascoglena
コラキウム属 Colacium
クリプトグレナ属 Cryptoglena
シクリディオプシス属 Cyclidiopsis
ミドリムシ属 Euglena
Euglenaria
ユーグレノプシス属 Euglenopsis
モノモルフィナ属 Monomorphina
ストロンボモナス属 Strombomonas
トックリヒゲムシ属 Trachelomonas
Aphagea - 浸透栄養性(学名は「捕食しない」の意)。旧 ラブドモナス亜目と、ユートレプチア亜目・ユーグレナ亜目のそれぞれ一部からなる。
アスタシア属 Astasia
ディスティグマ属 Distigma
ディスティグマ属 Distigmopsis
メノイディウム属 Menoidium
ラブドモナス属 Rhabdomonas
[4]前ページ
(4.分布)
[6]次ページ
(5.2.旧分類)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/09/07 19:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/30 更新
 1位まわり将棋
 2位今村昌平
 3位3月29日
 4位成宮いろは
 5位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant