サービス終了のお知らせ
ヤロスラワ・シュウェドワ
▼人気記事ランキング
4.4大大会シングルス成績
W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

: 2013年ウィンブルドン2回戦の不戦敗は通算成績に含まない

[4]前ページ
(3.4大大会ダブルス優勝)
[6]次ページ
(5.脚注)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/02/20 22:32
ソ人気記事ランキング
2020/02/17 更新
 1位日本
 2位黒谷友香
 3位槇原敬之
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant