ヤマハ
▼人気記事ランキング
10.音楽事業
1925年(大正14年)に横浜工場が「パイオニヤレコード」のレーベルで短期間レコード制作を行った後、音楽ソフト事業から一旦撤退した。
戦後は、ヤマハ音楽振興会によりアーティスト発掘と原盤制作が行われ、様々なレコード会社へ原盤供給を行っていた。
2007年(平成19年)6月に音楽ソフト事業を統括する子会社のヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスを設立し、各音楽ソフト事業子会社を統括会社の傘下に移す。
傘下のレコード会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ(YMC)に中島みゆき矢野顕子らが所属している。
[4]前ページ
(9.コンサートホール)
[6]次ページ
(11.リビング事業)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/10/16 02:30
ソ人気記事ランキング
2019/10/20 更新
 1位日本
 2位徳勝仁
 3位山口組
 4位10月19日
 5位令和元年台風第19号
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant