サービス終了のお知らせ
モーガン・ハム
▼人気記事ランキング
1.プロフィール
2000年のシドニーオリンピックに17歳で双子の弟ポールとともに出場、団体総合5位となった。以後アメリカチームの中心選手として活躍する。
2001年と2003年の世界体操選手権でともに団体総合銀メダルに貢献、2002年と2003年の全米選手権でともに種目別床優勝、個人総合4位と活躍した。

アテネオリンピックでは団体総合銀メダルに貢献、オリンピック後弟ポールとともにオハイオ州立大学での学業を優先するため競技生活を休止した。

2007年2月から現役復帰、同年の全米選手権ではあん馬で9位となった。2008年の北京オリンピックを目指し代表選考会、全米選手権に出場したが7月にアメリカアンチ・ドーピング機関(USADA)からステロイドの陽性反応を警告され、5月24日の大会の記録が抹消された。ハムは、麻薬の合法的な医療の必要性を主張した。彼は最終的に2008年のオリンピック代表に選ばれたが、8月7日の競技会で足首を負傷して結局代表を辞退した[1]。代わりにアレキサンダー・アルテメフが代表となった。

[6]次ページ
(2.主な成績)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/05/30 21:31
ソ人気記事ランキング
2020/02/21 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位メイプルソープ事件
 4位2月20日
 5位岡崎美女
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant