サービス終了のお知らせ
モーラミャイン
▼人気記事ランキング
概要
モーラミャインビルマ語: ???????????, Mawlamyaing)は、ミャンマーの都市。モン州の州都。人口は約49万人で、ミャンマー第三の規模を有する。以前はモールメン(Moulmein)と呼ばれていたマルタバン湾の港湾都市[1][2]

概要[編集]

アンダマン海のモッタマ湾(マルタバン湾)に近い。タンルウィン川(サルウィン川)沿岸にあり、対岸のモッタマ(マルダバン)へはフェリーが運航している。2006年には両都市を結ぶタンルウィン・ブリッジが開通した。対岸のモッタマからヤンゴン鉄道道路が通じており、モーラミャインからはマレー半島を下る鉄道・道路が延びている。モン人地域における最大の都市であり、モーラミャイン大学では多くの学生が学んでいる。イギリスの文学者ジョージ・オーウェルは、一時英領インド帝国の警察官を務めており、モーラミャインが赴任先であった。この地での植民地支配に対する彼の葛藤は、エッセイ「象を撃つ」に示されている。

気候[編集]

ケッペンの気候区分ではサバナ気候であり、乾季と雨季がはっきりと分かれている気候である。特に雨季は雨が非常に多く、6月〜8月の3か月間で3,000ミリ以上の降水量が観測される。

歴史[編集]

1826年第一次英麺戦争の結果イギリスコンバウン朝の間にヤンダボ条約が結ばれた。これに従い、コンバウン朝はタニンダーリ地方域ラカイン州をイギリスに割譲した。割譲領域は英領ビルマとなり、モーラミャインはその最初の首都になった。
[5]

1852年、イギリスは第二次英麺戦争で更にコンバウン朝から領土を奪った。首都は新しく奪った都市に移った。

1936年ジョージ・オーウェル象を撃つの舞台がモーラミャインだった。イギリス植民地時代、モーラミャインにはイギリス・ミャンマー混血児が多く生まれた。

1908年には横浜の海洋サルベージ業者・松本島吉によりアヴァ号が引き揚げられた[6]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

Moulmein (Myanmar)”. Centro de Investigaciones Fitosociol?gicas. 2018年12月13日閲覧。

関連項目[編集]

モーラミャイン駅 - ミャンマー鉄道メインターミナル
東西経済回廊

外部リンク[編集]

モーラミャインの写真(英語)
モーラミャインについてのサイト(英語)
出典:Wikipedia
2020/03/24 12:31
ソ人気記事ランキング
2020/03/29 更新
 1位成宮いろは
 2位増岡弘
 3位大学の略称
 4位ジャーマンウイングス9525便墜落事故
 5位玉木玲
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant