サービス終了のお知らせ
モーメント・マグニチュード
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
モーメント・マグニチュード: Moment magnitude scale, Mw[注 1])は、中規模以上の地震においてエネルギー量を表す指標値(マグニチュード)である[1]。モーメント・マグニチュードで計測した指標値はマグニチュード(記号:M)で示されている[2]が、他のマグニチュード計測法の指標値と区別するため、モーメント・マグニチュード(記号:Mw)と明示されることが多い[3]
モーメント・マグニチュードは1930年代に定義されたローカル・マグニチュード(リヒター・スケール)の計測値を基準にして開発されている。コンセプトと計算式は異なるが、同規模の地震のマグニチュードを計測した場合、いずれもほぼ同等の計測値が得られるよう設計されている。適切な条件の基では、ローカル・マグニチュードと同様に、モーメント・マグニチュードは対数スケールの特性に従って、値の増加は放出されるエネルギー量の約32倍の増加に対応する。これによりモーメント・マグニチュード7の地震は、マグニチュード6の約32倍、マグニチュード5の約1,000倍のエネルギーを放出する。
モーメント・マグニチュードは断層面の剛性率・断層面積の合計・断層全体の変位量の平均の積である地震モーメントから算出される[4]。地震モーメントが弱い地震では正しく計測できないため、モーメント・マグニチュードはマグニチュード3以下の弱い地震では適切なマグニチュード値を計測することができない[5]
目次
1.歴史
2.定義
3.特性
4.関連する計測法
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献・資料
7.関連項目
出典:Wikipedia
2020/02/08 06:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant