サービス終了のお知らせ
メリッサ・マッカーシー
▼人気記事ランキング
概要
メリッサ・アン・マッカーシーMelissa Ann McCarthy, 1970年8月26日 - )は、アメリカ合衆国女優コメディアン脚本家プロデューサー

The WBのテレビシリーズ『ギルモア・ガールズ』のスーキー役や、ABCシットコムサマンサ Who?』のディーナ役などで知名度を高める。2010年からはCBSのシットコム『Mike & Molly』に主演し、2011年エミー賞を受賞した[2]

映画では『9-ナイン』『カレには言えない私のケイカク』『かぞくはじめました』などに出演し、2011年の『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』でブレイクし、同作によりアカデミー主演女優賞にノミネートされた[3]

生い立ち[編集]

イリノイ州プレインフィールド[4]で母サンドラと父マイケルのもとに生まれる[5][6]。従妹には女優のジェニー・マッカーシーがいる[7]。「ビッグ・アイリッシュ・カトリック・ファミリー」の農場で育ち[8]ジョリエットの聖フランシスアカデミー(現在のジョリエット・カトリック・アカデミー英語版)を卒業する[9]。その後、映画やテレビ、舞台でキャリアを始動させる[10]。また、マッカーシーはザ・グラウンド・リングスの卒業生でもある。

キャリア[編集]

1997年NBCのコメディ・シリーズ『Jenny』にゲスト出演し、2000年から2003年にかけては映画『キッド』『チャーリーズ・エンジェル、『go』『恋の方程式 あなたのハートにクリック2』『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』に脇役で出演する。2000年から2007年までThe WBのテレビドラマ『ギルモア・ガールズ』で主人公ローレライの親友スーキー役を務めた。また、アニメ『キム・ポッシブル』に声の出演をするなど、声優としても活動するようになる。

2007年、ジョン・オーガスト監督・脚本の映画『9-ナイン』でライアン・レイノルズと共演する。2007年から2009年にかけて放送されたABCシットコムサマンサ Who?』ではディーナ役として出演して知名度をさらに高めたほか、2009年にはテレビシリーズ『Rita Rocks』、2010年には『プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち』へのゲスト出演を果たした。

2010年、映画『カレには言えない私のケイカク』と『かぞくはじめました』に出演する。同年にはCBSのシットコム『Mike & Molly』で主演を務めており、2011年に同作品で初めてエミー賞を受賞した[11]

2011年、商業的にも批評的にも成功した『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』でクリステン・ウィグマーヤ・ルドルフローズ・バーンウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、エミリー・ケンパーと共演し、アカデミー助演女優賞にノミネートされる。2011年6月にはWomen in Film Crystal + Lucy Awardsの司会を務め[12]、同年10月1日には『サタデー・ナイト・ライブ』の司会を務めている。

2012年にはジャド・アパトーの映画『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』のスピンオフ40歳からの家族ケーカク』に出演し[13]2013年にはジェイソン・ベイトマンとの共演映画『泥棒は幸せのはじまり』と人気シリーズの第3弾『ハングオーバー!!! 最後の反省会』が公開された。2014年には自ら主演・脚本・製作総指揮を務め、夫ベン・ファルコーンが監督を務めた『タミー/Tammy』が公開されている[14]

2018年には『ある女流作家の罪と罰』の演技でアカデミー主演女優賞にノミネートされる。

私生活[編集]

2005年10月8日に長年交際していたベン・ファルコーンと結婚し[15][16]2007年5月5日に長女、2010年3月に次女が生まれている[17][18]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

参考文献[編集]

出典:Wikipedia
2020/03/17 12:03
ソ人気記事ランキング
2020/03/31 更新
 1位ありがとう
 2位でじこさん
 3位りんご娘
 4位がむしゃら行進曲
 5位ときた洸一
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant