サービス終了のお知らせ
メソポタミア
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
メソポタミアギリシャ語: Μεσοποταμ?αラテン文字転写: Mesopotamia、ギリシャ語で「複数の河の間」)は、チグリス川ユーフラテス川の間の沖積平野である。現在のイラクの一部にあたる。
古代メソポタミア文明は、メソポタミアに生まれた複数の文明を総称する呼び名で、世界最古の文明であるとされてきた。文明初期の中心となったのは民族系統が不明のシュメール人である。
地域的に、北部がアッシリア、南部がバビロニアで、バビロニアのうち北部バビロニアがアッカド、下流地域の南部バビロニアがシュメールとさらに分けられる。南部の下流域であるシュメールから、上流の北部に向かって文明が広がっていった。土地が非常に肥沃で、数々の勢力の基盤となったが、森林伐採の過多などで、上流の塩気の強い土が流れてくるようになり、農地として使えない砂漠化が起きた。
古代メソポタミアは、多くの民族の興亡の歴史である。 例えば、シュメールバビロニア(首都バビロン)、アッシリアアッカド(ムロデ王国の四つの都市のひとつ)、ヒッタイトミタンニエラム、古代ペルシャ人の国々があった。古代メソポタミア文明は、紀元前4世紀アレクサンドロス3世(大王)の遠征によってその終息をむかえヘレニズムの世界の一部となる。
目次
1.特徴
├1.1.
├1.2.言語
└1.3.経済
2.メソポタミアの歴史
├2.1.先史時代
├2.2.シュメール文明
├2.3.バビロニア
├2.4.ヒッタイト
├2.5.アッシリア
├2.6.4帝国時代
├2.7.ペルシャ
└2.8.アレクサンドロスの征服以降
3.メソポタミアの神々
4.その他
└4.1.アルコール飲料
5.脚注
├5.1.注釈
└5.2.出典
6.参考文献
7.関連項目
8.外部リンク
出典:Wikipedia
2020/01/08 11:30
ソ人気記事ランキング
2020/02/16 更新
 1位日本
 2位槇原敬之
 3位黒谷友香
 4位岡崎美女
 5位野村沙知代
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant