メートル
▼人気記事ランキング
3.歴史
3.2.子午線からの定義

人類がそれぞれの生活圏の中で過ごしている時代にはさして必要が無かったが、大航海時代を経て地球規模の航海交流網が発達すると、長さの単位がまちまちな状態では不都合が多くなった[9]。これに最も熱心に取り組んだのは、既に地球測量の実績を持つ[38]フランスだった[9]

1790年にフランスシャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴールが普遍的な物理量基準の必要性を提唱し[39]、これを国民議会が承認して基準づくりへの取組が始まった[40]。当時、長さの標準単位を決める定義には、以下に示す3つの支持を集めた案があった。

地球赤道周長を4千万分の1にした長さ[40]
同じく地球の子午線全周長を4千万分の1にした長さ[40]
この問題はパリ科学学士院で検討され、アントワーヌ・ラヴォアジエジョゼフ=ルイ・ラグランジュジャン=シャルル・ド・ボルダらが議論に加わった[40]。1791年、フランスの科学アカデミーは子午線を基準に置く方法を選択した。その理由は、実際の地球表面とジオイド面との差異によって重力は一定にならないため振り子の振幅は変動する点が問題視され、また上や熱帯気候に当たる赤道での測定は困難と判断されたためである[40]

普遍的に受け入れられる基本的な長さの単位を設定するに当たり、当時知られていた子午線の長さよりも更に正確な測定が求められた。イギリスやアメリカの協力が得られず[40]、フランス科学アカデミーは単独で[40]ジャン=バティスト・ジョゼフ・ドランブルピエール・メシャンを派遣して、1792年から子午線弧長の測定を三角測量にて[43]行わせた。パリを起点に、北のダンケルクへはドランブル一行が[44]、南のスペインバルセロナへはメシャン一行が[45]それぞれ計測を担当し、緯度差9°3927.81[9]の距離を最新の経緯儀などを携えて測量を開始した。しかし時はフランス革命のさ中にあり、持っていた測定機器から反革命分子のスパイ活動と間違えられたり[44]フランス革命戦争のためメシャンはスペインで足止めされる[45]など幾多の困難に直面した[40]。その間にも政府は、暫定的にニコラ・ルイ・ド・ラカーユの測定値を用いて、新しい単位メートルを「パリを通過する北極点と赤道をつなぐ子午線長の107分の1を定める」という法律を1795年に公布した[46]。測量は、1798年に完遂された[40]

測量から計算された結果、子午線全周の14に当たる北極点から赤道までの子午線弧長は5130740トワーズという数値が計算された[40]。測定の終了を受けて、1799年にフランスは、これを1千万分の1にした値3ピエ11.296リーニュを1メートルと定めた[40]。これは、1ヤードや2キュービットといった既存の長さ単位を意識して採用された[47]。そして、白金で作られた板状の[47]メートル原器(端度器[48])を製作し、これをフランス国立中央文書館に保管した[40]。これはアルシーヴ原器 (M?tre des Archives) と呼ばれた[40]

この新しい長さの単位は、旧来の慣れ親しんだ寸法からすぐには切替わらなかった。フランスは1837年にメートル法以外の単位使用を法律で禁じ[49][50]、1851年のロンドン万国博覧会や1867年のパリ万国博覧会などで広報活動を行い、普及に努めた[40]。そのうち、蒸気機関車の発明による鉄道敷設や、実験を重視する科学の発達が統一基準の普及を求め、電気単位への採用などを通じてメートルは広まった[51]

[4]前ページ
(3.1.名称)
[6]次ページ
(3.3.メートル原器)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/08/12 12:30
ソ人気記事ランキング
2019/09/20 更新
 1位日本
 2位渡る世間は鬼ばかりの登場人物
 3位熊谷連続殺人事件
 4位9月19日
 5位逆鉾昭廣
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant