ムハンマド・アリー朝
▼人気記事ランキング
▼目次
概要
ムハンマド・アリー朝(ムハンマド・アリーちょう、Muhammad Ali dynasty)は、19世紀初頭からおよそ150年間にわたってエジプトを支配した王朝1805年(1840年) - 1953年)。駐エジプト・アルバニア人非正規軍の隊長ムハンマド・アリーオスマン帝国主権下で総督(ワーリー)の地位を獲得したのに始まり、イギリスによる占領、オスマン帝国の形式的な主権からの離脱を経て、エジプト革命によって王制が打倒されるまで続いた。
目次
1.歴史
├1.1.ムハンマド・アリーの時代
├1.2.植民地化の時代
├1.3.立憲君主制期
└1.4.ムハンマド・アリー朝の崩壊
2.君主
├2.1.称号
└2.2.王族
3.歴代君主
├3.1.エジプト総督(ワーリー)
├3.2.副王(ヘディーヴ)
├3.3.スルターン
└3.4.国王(マリク)
4.系譜
5.脚注
├5.1.出典
└5.2.参考文献
6.関連項目
出典:Wikipedia
2019/01/07 12:30
ソ人気記事ランキング
2019/08/22 更新
 1位日本
 2位玄倉川水難事故
 3位山本美香
 4位8月21日
 5位名古屋小6受験殺人事件
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant