サービス終了のお知らせ
ムクゲ
▼人気記事ランキング
3.人間との関わり
が横に広がらないため、比較的狭い場所に植えることができる。刈り込みにもよく耐え、新しい枝が次々と分岐する。そのため、垣根に利用されることもある。日本では、夏の御茶事の生け花として飾られたりする。

樹皮を乾燥したものは木槿皮(もくきんぴ)という生薬である。抗菌作用があり、胃腸薬水虫など皮膚炎の薬に配合される。花を乾燥したものは木槿花(もくきんか)という生薬である。皮膚炎、胃腸炎下痢止め等に用いる。

大韓民国国花で、国章にも意匠化されており、ホテル格付けなどの星の代わりにも使用されている(ただし法的な国花の位置付けはない)。また韓国軍の階級の領官(大韓民国国軍における佐官の称)と大韓民国の警察のすべての階級の階級章にも使われている。このほか、韓国鉄道公社列車種別の一つとして「ムグンファ号」を設定している。古くは崔致遠「謝不許北国居上表」に、9世紀末の新羅が自らを「槿花郷」(=むくげの国)と呼んでいたことが見える。日本では、北斗市清里町壮瞥町の花・木にも指定されている。

[4]前ページ
(2.分布)
[6]次ページ
(3.1.文化の中のムクゲ)
~目次に戻る
出典:Wikipedia
2019/03/31 19:00
ソ人気記事ランキング
2020/02/20 更新
 1位日本
 2位水野朝陽
 3位岡崎美女
 4位黒谷友香
 5位2月19日
▲上に戻る
[9]Wikipediaトップ
[0]gooトップ
免責事項
(C)NTT Resonant